法人のお客様

知っておきたいポイント

車両導入をサポート

カーリースとは、お客様が選ばれたクルマを
リース会社がお客様に代わって購入。
そのクルマを期間を決めて月々一定額のリース料で
お客様にお貸しするサービスです。

カーリースの仕組み

カーリースのメリット

クルマの維持費用もリース料に
含められる&月々一定額なので
リース期間中の
車両経費が明確に。

税金・保険料・車検・点検などの車に関わる諸費用もひっくるめてリース料に組み込むことができるので、リース料の他に必要な費用はガソリン代や駐車場代などで済みます。

リースならお支払いは毎月一定額。急な出費がありません。

税金や車検があるから出費に備える必要があります。

まとまった資金が不要で合理的に
車両導入できる。

月々のリース料をお支払いいただくだけで車両導入が可能です。しかも、リース終了時の車両価格分がお支払いの対象からはずれるので「乗る分だけ払う」と、合理的です。

面倒な資産管理業務を軽減。

リース料は全額経費処理。購入する場合と違って固定資産への計上不要です。
※平成20年4月のリース会計基準の変更により、固定資産へ計上する場合もあります。

気に入れば乗り続けることもできます。

リース期間満了時にクルマ返却で契約終了となりますが、再リース契約で引き続きお乗りいただくこともできます。

カーリースと購入の違い

  カーリースの場合 ご購入の場合
車両代金の支払い 月々のリース料として支払い 購入時に全額支払い
税金の支払い リース料に含まれる 購入したお客様が支払い
おクルマの所有者名義 リース会社 お客様
おクルマの使用者名義 お客様 お客様
駐車場の確保 お客様にてご対応 お客様にてご対応
ナンバープレート 通常のナンバー 通常のナンバー
使用期間 年単位 お客様の乗りたいだけ
メンテナンス費用 お客様の支払いは不要(メンテナンス付きの場合) 発生都度お客様がお支払い
おクルマの決定 車種・タイプ・装備などお客様が自由に選択可能 車種・タイプ・装備などお客様が自由に選択可能
経理処理 全額損金処理が可能 固定資産となり償却や売却時の資産除却などの処理が必要
こんなお客様に向いています
  • ●3年、5年など期間を決めて乗り換え続けている方
  • ●おクルマにかかるお金を明確にしたい方
  • ●車両管理を合理化したい法人・自営業者のお客様
  • ●おクルマは「資産」だと考えている方
  • ●おクルマを乗り換える期間を決めていない方
  • ●車両購入資金が用意できている方

※リース会社により条件等は異なります。

カーリースと購入の比較表を見る

各種お問い合わせはこちら

PageTop