トウゴロウイワシ
分類
トウゴロウイワシ目トウゴロウイワシ科ギンイソイワシ属
学名
Hypoatherina valenciennei
別名
トンゴロ、ウロコイワシ、イソイワシほか
  • 特 徴
分布
琉球列島を除く相模湾以南。
大きさ
10~15cm程度。
釣期
専門にねらう人は少ない。
棲んでいる場所
沿岸に多く、時には河口部の汽水域にも入ってくる。
生活史
夏場に産卵し、寿命は2年ほど。内湾に入ってくることも多く、浅場の表層を大群で泳いでいるのが見られる。
特徴
小型の甲殻類など、動物プランクトンを主食とする。イワシに似ているが、実際はボラやダツに近い種類である。
主な釣り方
ねらって釣ることはほとんどない。堤防でのウキ釣りやサビキ釣りの外道として掛かる。
美味しい食べ方
硬くてはがれにくいウロコがあるため、あまり食べられていない。ただし干物や寿司ネタにすると意外と美味しい。
※この図鑑は、釣り人のために作られています。
そのため魚の名称は標準和名ではなく、釣りの人の間で呼ばれている通称名が使われているものもあります。
  • 特 徴