イトウ
分類
サケ目サケ科サケ亜科イトウ属
学名
Hucho perryi
別名
チライ、オヘライベ(アイヌ語の呼び名)

ルアーフィッシング

ルアーフィッシング
ワンポイント
北の大地のヌシは1mオーバーも
日本に棲むサケ科魚類では最大であり、かつては2mを超えるものもいたという。現在もメーターオーバーが釣れる可能性は充分にある。北海道の民話ではシカを飲み込んだと伝えられるなど、伝説に彩られた魚である。それだけに釣り人憧れのターゲットだが、残念ながら生息数は少なく、生息環境をしっかり守る必要もある。
GUIDE
釣期
春から秋
エリア
北海道の河川、湖沼
エサ・疑似餌
ルアー、フライなど

フライフィッシング

フライフィッシング
ワンポイント
キャッチ&リリースで大事に扱う
世界でも日本の北海道、ロシアの沿海州、サハリンにしか生息しておらず貴重な魚。そのことを肝に銘じて細心のキャッチ&リリースで楽しみたい。ロッドは10番以上のダブルハンド、ラインはインターミディエイトを基準にタイプ2~4、リーダーはマイナス1~4x、ショックリーダーはフロロカーボン6~8号。フライはストリーマー系を使う。
GUIDE
釣期
春から秋
エリア
北海道の河川、湖沼
エサ・疑似餌
フライ
※この図鑑は、釣り人のために作られています。
そのため魚の名称は標準和名ではなく、釣りの人の間で呼ばれている通称名が使われているものもあります。