• 釣り方 :
釣り方

シンプルな和製ルアーで夢の大ダイに挑戦!

シンプルな仕掛けを海底まで沈めたら、一定の速度で巻き上げるという操作の繰り返しで、大型のマダイが釣れる。近年、各地で人気が高まっている、エサ要らずの和製ルアーフィッシングが「タイラバ」。その道具類や基本的な釣り方をご紹介。

小田部 修久さん
小田部 修久さん
西日本のルアー釣りを中心に取材を行なう編集者。マダイはもちろん、ヒラスズキ、ヤマメ、青もののルアーフィッシングと数多くの釣りに精通する。

マダイの習性

深紅の魚体に、鮮やかな青色の斑点とアイシャドーを持つマダイ。全国に広く分布し、エサ釣りからルアーフィッシングまで、さまざまな釣り方の対象魚になっている。産卵期は春で、水温が低い時期は100m前後の深いところにいるが、水温の上昇とともに30〜40m、あるいはもっと浅いところにも入ってくる。沖合、堤防、磯やサーフ(砂浜や砂利浜)といろいろな場所からねらえるが、今回のタイラバは沖合での船釣りが前提。エサはエビやカニなどの甲殻類が好物だが、ほかにもイワシをはじめとする小魚、タコやコイカ、イソギンチャクといった軟体生物、ユムシなどのムシ類を食べるなど、幅広い食性を備えている。

さまざまなエサをかみ砕く丈夫な口(歯とアゴ)も特徴なので、魚の口には絶対に指を入れないようにする。フィッシュグリップがあれば安心だ。

※このコンテンツは、2019年5月の情報をもとに作成しております。最新の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。

マダイについてもっと見てみよう!