MENU
HONDA
検索

N-BOX

購入検討中の方必見!オーナーの購入体験記

さよならバモス!

犬BOXさん
男性/50代/滋賀県

Custom G・L ターボ
2017年8月24日

パソコンからの投稿 パソコンからの投稿
前のクルマの調子が悪くなったから きっかけ:
前のクルマの調子が悪くなったから
外観 最も満足しているのは:
外観
満足度4
非常に満足
クルマのご購入を考えたきっかけ
妻が乗り、母が乗り、たまに私と息子たちが乗った我が家の愛車バモス。わずか13年、10万キロ少々で突然のお別れとなりました。免許取りたての長男が弟を乗せて走ったり、母が石垣でこすってしまったり、バモスはそれはもう傷だらけでした。あの憎めないちょっととぼけた顔が何とも言えず愛くるしいミニバスバモス、まさに家族の一員として大切な1台でした。最後の瞬間は、1年半前の11月。
突然の別れでした。かわいそうな…と思いつつも、我が家の車がなくなった。明日からどうしよう。田舎では車がないと生活ができないのです。すぐに何か次の車を買わなければ。家業が小売店なので配達も考え、でも「次こそは燃費の良い車」ということで、D車の◯ェイクを検討。その瞬間から次の車に想像を膨らませている非情な私でした。
次の休みには妻とD社とHondaのディーラー巡りをし、試乗した結果、◯ェイクは思ったより荷物は積めず、値段も条件に合わない。最終候補はN-BOXか◯ント。◯ントの方は新型に変わったばかりのタイミングだからか?サービスしてくれると言う…。しかし、妙に妻の方がN-BOXびいき。いろいろあって、N-BOX Customに決定となりました。決め手はやはり男好きのするあのスタイル。メーターはセンターメーターでなく、運転席の前。「俺に任せろ」的な潔いインテリア。最高です。しかも、後席のたたみやすさ。このへんが決め手でしょうか。
ご購入までのエピソード・ストーリー
実は、このバモスの故障の1か月前。私の愛車◯ルファードが、突然故障したのです。走行距離はわずか27万キロ。私にとっては前人未到の30万キロが目標だったのに、あと少し、13年の寿命でした。目標距離30万キロになったら次の車を…と予定していただけに、残念ながらこの時点では全くの金欠状態。馴染みのディーラーで前車よりわずかに若い中古を探してもらっても、結局最終的にはがんばって新車に決定となりました!
1月下旬に納車の予定で毎日うきうき。
「こんなときにバモスまで壊れたらたいへんやけど、こちらはまだまだ10万キロ。これからもよろしくね。」と言っていた矢先のバモスの故障。
「えーっ。どうすんの?まさか新車は買えへんし〜」↓
「でも、軽は中古でも今のうちの予算では…」
ということで、家じゅうを探して、解約できるものはすべて解約して、すべて出し切ってN-BOXの新車を買うことに。
やはり予算内で買えるのはN-BOX。個人的にかっこいいと思うCustomの方でなく、犬顔?の方。ちょっと高くなるプレミアムホワイト・パールIIもあきらめて、黒…。ため息交じりに注文したのは12月末。クリスマスのころ。
新車を注文したのになぜか寝ても覚めても凹む毎日。あとちょっとでN-BOX Customが買えるのに…。ああ、あとちょっとが悔しい。大晦日も悩み続け初夢も悶々と。
「あかん。」
勇気を振り絞って、
「N-BOX、今からキャンセルできますか?」
「N-BOX Customに変えてほしいのです。サイドバイザーは要りません。マットも要りません。あとは、…削りようがありません。それでお願いします。色も奮発してプレミアムベルベットパープル・パールでお願いします!」
2016年、新年、言うてやりました。
1月◯ルファード新車、翌週N-BOX新車が納車されました。
実は13年前も同じことが起こっているのです。◯スティマエミーナとS社◯ンバーディアス。ほぼ同じ時期に故障でした。ああ、あと12年後が怖い。
何が購入の決め手になりましたか?
1番目は、何といってもN-BOX Customのいかついウルトラマンみたいな顔です。2番目は男心をくすぐる運転席前のメーター。3番目は後ろのサイドガラスの形と四角い感のどっしり感です。両側スライドドアの開口部分が広かったことやノンターボ車の馬力です。プレミアムベルベットパープル・パールのメタリックも決め手になりました。今では、飛んでるばあさん86歳、おしゃれな妻50歳半ば。こだわるおやじ60歳がそれぞれ得意げに乗れる車です。
同じクルマを検討している人へアドバイス!
大の男が乗っていても様になる軽自動車です。男気にあふれているのでおすすめです。