MENU
HONDA
検索
ホンダホームページへ
インフォへ
FAct Book


STEPWGN Fact Bookの目次へ | 前の画面へ | 次のページへ

Performance

家族のために考えた快適さ

快適さを基本で支える
高剛性ストレートラダーフレーム・モノコックボディ。


快適さの基本となるボディ構造の高剛性化のためにストレートラダーフレームにし、また、ねじり剛性向上のためにクロスメンバーを多用。
さらに開口部の強度アップには、レインフォースメントを施し対処。
これらを最適化するためコンピュータ解析とさまざまなテストを繰り返してきわめて強固な高剛性モノコックボディを実現。
乗る人の快適さを全身で生みだしています。

3列爽快 会話の楽しめる静粛性。

エンジンを床下でなく前方のボンネット内に収めたFF横置レイアウト、各種振動・騒音対策などとあわせ、室内への不快な音の侵入を効果的に防いでいます。また、随所できめ細かい対策も施し、セダン並の静粛性を実現。どのシートに座っている人ともお互いに快適に会話のできる室内を実現しました。

静かさのための細かな配慮。低振動・低騒音構造。


より運転しやすく快適なパワーステアリング

エンジン回転数に伴いポンプ流量を変化させ、操舵特性を制御する、回転数感応式のパワーステリングを採用。据え切り時に軽く中高速時にはしっかりと、なめらかに操舵力を変化させています。さらに剛制の高い中空コラムシャフトにより、アイドル時の振動レベルを低減するとともに、緩衝ラバージョイントを設け走行時の振動を遮断しました。


STEPWGN Fact Bookの目次へ | 前の画面へ | 次のページへ

このコンテンツは広報資料に基づき作成されています。

フッタ
ホームへ 検索へ お客様窓口へ ご意見・ご感想へ マップへ ホットニュースへ ホームへ