MENU
HONDA
検索
 

セキュリティー


●H・I・S・S(ホンダ・イグニションセキュリティシステム)

 新型CB1300 Super Fourには、Honda独自の盗難抑止機構「H・I・S・S」を搭載しています。これは電子インターロックを利用したもので、純正キーでなければエンジンが始動できない仕組みとなっています。H・I・S・Sは、エンジン始動の要となる点火システム自体を無力化するため、ホットワイヤー方式や点火スイッチのモジュールを丸ごと交換するような方法であっても、エンジンを始動させることはできません。
 純正キーには、コード化された暗証番号を記憶したチップが埋め込まれています。キーを差し込むとアンテナがコードを読み取りECUに伝達。ECUはプログラムされているコード番号と照合し、合致した時のみエンジンを始動させます。たとえ純正キーとまったく同じ形状のカギでも、このコードが一致しなければエンジンは始動しません。
 H・I・S・Sは、キーが抜かれた瞬間から作動します。また、H・I・S・Sのインジケーターランプ近くにあるプッシュボタンを押してキーを抜くと、インジケータランプは24時間にわたって2秒に1回点滅。見た目での盗難抑止効果をさらに向上させることができます。



●ココセコム

 ココセコムは、セコム(株)によるサービスで、専用端末を装着することにより、24時間365日、車両の現在位置を検索することができます。Hondaはセコム(株)と連携し、防水・耐振・防塵に対応した二輪車搭載用の専用充電キットを共同開発。新型CB1300 Super Fourは、ココセコムの装着に最適な設置スペースを確保した「ココセコムHonda推奨車」となっています。
※ココセコムは、オプションとなります。

●リモコンイモビアラーム

 イグニションスイッチからキーを抜くとイモビが作動。不審な挙動を感知すると警報を発し、注意を促します。アラーム機能のセットは、リモコン操作でも可能となっています。
 ※イモビアラームは、オプションとなります。



前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ