MENU

HONDA

検索
VAMOS
CB400 SUPER FOUR VERSION S
 
はじめに

 1992年4月、ホンダは“新しい時代にふさわしいホンダのロードスポーツモデルはどうあるべきか”を徹底追求し、その考えを集約した「PROJECT BIG-1」のコンセプトのもと、次代をになうネイキッド・ロードスポーツモデルとして「CB400 SUPER FOUR」を発表。卓越したパフォーマンスを誇る水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ・直列4気筒エンジンを心臓部に持つこのモーターサイクルは、操る楽しさにあふれたハンドリング性能や、しなやかさを合わせ持ったフレームとの高次元なバランスによって、「走りの感動」「余裕の感動」、「操り、征服する感動」を具現化し、多くのモーターサイクルファンから高い支持をいただきました。

 そして '94年3月には、出力特性の一段の向上と車体各部の質感の向上を図り、マイナーチェンジ。エンジンの基本要素である燃焼形態について見直しを図り、より切れ味に優れたエンジン特性と、新たに燃料計を装備した新設計の3眼メーターの採用などの充実した装備によって「全域感動性能」の実現を目指し、400ccクラスの定番モデルとしての地位を確固たるものとしました。

 さらに '95年3月には、中・高回転域での出力特性を向上させるとともに、装備・仕様も一層スポーティにし、よりスポーツマインドを高めた、一味違う「超・感動性能」を提案する「CB400 SUPER FOUR バージョンR」をタイプ追加するなど、ラインナップを一層充実。そしてCB400 SUPER FOURシリーズは、登場以来、累計登録台数で約56,000台(*)を達成するなど、自動二輪クラスの定番モデルとなっています。

 そして今回、多様化するユーザーニーズに応えるため、スタンダードモデルが持つ高い質感とバージョンRが持つ軽快な走りを融合させ、感動性能を究極まで追求した「CB400 SUPER FOUR バージョンS」をシリーズにタイプ追加し、さらなる次代に向けたホンダのネイキッド・ロードスポーツモデルを提案します。

(*)1996年1月末現在 (社)全国軽自動車協会連合会調べ

CB400 SUPER FOUR バージョンS



← 前ページへ--- 目次へ--- 次のページへ →