MENU

HONDA

検索
INSIGHT
Insight ボディ

新骨格軽量アルミボディ
新骨格軽量アルミボディ
構造説明のためのカットモデル


軽量でありながら、高い曲げ剛性、ねじり剛性を実現。
アルミならではの特性を最大限に活かし、押し出し成形材とダイキャスト成形材を効率良く組み合わせることによって、ボディ骨格重量で-47%(シビック比)を達成し、820kg(5速MT車)という軽自動車レベルの車両重量を可能にしながら、曲げ剛性、ねじり剛性ともに向上。同時に、世界最高水準の衝突安全性能を実現しています。また、部品点数などが減ったことで、コストも低減しています。


部品点数/溶接点数の削減率ボディ骨格軽量化比較図剛性比較図


アルミ材と樹脂材を組み合わせた軽量ボディパネル。
ボディ軽量化を追求したインサイトは、ボディパネルに アルミプレス材と樹脂材をそれぞれ適所に採用しました。
樹脂材は、従来からバンパーなどに使われている 成形自由度の高いPP材に加え、軽量で剛性の高い ABS/ナイロン系の樹脂材を採用。
フロントフェンダーなどで、空力性能に優れた形状を実現しています。
 
アルミパネル/樹脂パネル配置図
パネル配置図
photo:ホンダ・ナビゲーションシステム、
リアワイパーはメーカーオプション



← 前のページへ--- 目次へ--- 次のページへ →