MENU

HONDA

検索
INSIGHT
insight
fuel efficiency technology
世界No.1を達成した、
インサイトの
低燃費テクノロジ−。


驚異的な低燃費を実現したインサイト。その核をなしているのが、 ホンダIMAシステム、空力フォルム、新骨格軽量アルミボディです。
ホンダIMAシステムは、1.0LリーンバーンVTECエンジンに モーターアシスト機構を加えた独自のハイブリッドシステムで、 あらゆる走行状況で優れた燃費性能を発揮。
量産車世界最高レベルの 空力性能を実現し、走行抵抗を大幅に低減。
新骨格軽量アルミボディは、アルミの特性を最大限に活かした構造や 成形技術を取り入れ、軽量・高剛性を実現。
さらに、トランスミッションやシャシーの各メカニズムにおいて、 軽量化技術・高効率化技術を採用し、 軽自動車レベルの車両重量、820kg(5速MT車)を実現。 その結果、35km/L(10・15モード、5速MT車)という、 量産ガソリン車世界No.1の低燃費を達成しています。

35km/L
■世界No.1低燃費達成技術
テ−マ 技術 具体的手法 燃費向上寄与率
(基準:CIVIC 5速MT車)
パワーユニットの高効率化 ホンダIMA
システム
<システム全体>
軽量・高効率でシンプル構造の独自のハイブリッドシステム
減速エネルギーの回生で低燃費を発揮
オートアイドルストップシステム
軽量・高効率ホンダマルチマチックS
軽量5速マニュアルトランスミッション

<エンジン>
1.0LリーンバーンVTECエンジンの燃焼効率を飛躍的に向上
エンジン細部にわたるフリクションの低減
1.0Lエンジン世界最軽量

<モーターアシスト>
シンプル構造の軽量・高効率なアシストシステム

・薄型DCブラシレスモーター

・ニッケル水素バッテリー

PCU(パワーコントロールユニット)




35%








30%
空力性能
の追求
空力
フォルム
風洞実験から生まれた究極のエアロフォルムCd値=0.25(社内測定値)達成
ボディ細部にわたる徹底的な空力処理

空力フェンダー/リアホイールスカート/床下の整流





35%
車体の軽量化 走行抵抗
の低減
ころがり抵抗を大幅に低減した低燃費タイヤ
軽量・低燃費なピニオン軸駆動式EPS (電動パワーステアリング)
新骨格軽量
アルミボディ
押し出し成形材、ダイキャスト成形材、プレス成形材の長所を融合した新アルミボディ構造

押し出し成形法の特性を活かした軽量骨格

ダイキャスト成形法の特性を活かしたジョイント
アルミ及び樹脂製軽量外板パネル

シャシー
軽量・コンパクト構造のサスペンション
部品のアルミ化

フロントロアアーム/ブレーキシステム/ブレーキ&クラッチペダル
樹脂製燃料タンク
インテリア ●軽量シート&内装材




← 前のページへ--- 目次へ--- 次のページへ →