MENU
HONDA
検索

CIVIC
FACT BOOK
CIVIC
 
テーマ(2)


EXTERIOR




スポーティで、シャープななかにも力感のある、“アスリートボディ”。
 
エクステリア・デザインの基本となったのは、シビック、シビックフェリオ、それぞれの個性を明快にすること。そのうえで、クルマの造形としての新しさ、美しさを求め、機能性との両立をテーマに開発を進めました。
すなわち、第一印象で感じるクルマのフォルムや勢い、乗ったときの爽快さ、新鮮さなどを大切にしながら、使いやすさや安全、快適性を形にすることをめざしたのです。
それが、走りを彷彿とさせるスポーティなフォルムのなかにも、力強い量感を有する“アスリートボディ”です。
 


塊り感を表現した台形フォルムのスポーツユーティリティ2ボックス《シビック》。
 
どこから見ても引き締まった印象の台形フォルムを創造しました。さらに、広いグラスエリア、シングルゲートの大型ハッチ、四隅に集中させたライト類などが、シビックならではの個性を主張しています。見るからに安定感と塊り感のある、スポーツユーティリティ2ボックスならではの躍動感がここにあります。ボディサイズは、まずホイールベースを50mm延長しました。安全性を考慮し、フロントオーバーハングもプラス50mmとするなど、世界ベストサイズを具体化しています。

 

photo:シビックVTi オプション装着車

photo:シビックVTi オプション装着車

 


photo:シビックSiR・II オプション装着車

photo:シビックSiR・II オプション装着車





←前のページへ---目次へ---次のページへ→