MENU
HONDA
検索
ACCORD
FACT BOOK
ACCORD
アコードシリーズの歴史と評価

ホンダ・アコードの歩み。

1976
(昭和51年)
5月 アコードハッチバック(1600cc)発売。
モーターファン誌主催 '76カー・オブ・ザ・イヤー第1位(アコードEX-5)と同時に小型車部門賞受賞。
1976(昭和51年)
1977
(昭和52年)
5月 アコードEXに装着のパワーステアリング、51年度自動車技術会賞(技術賞)を受賞。
9月 最高級タイプEX-L追加。
10月 アコードサルーン(4ドア)発売。
ホイールズ・マガジン誌(オーストラリア)主催 '77カー・オブ・ザ・イヤー受賞。
ロードテスト誌(米国)主催 '77カー・オブ・ザ・イヤー、アンダー5000ドル部門賞受賞。
カー&ドライバー誌(米国)主催 '77カー・オブ・ザ・イヤー、アンダー5000ドル部門賞受賞。

1977(昭和52年)
1978
(昭和53年)
9月 アコードハッチバック/サルーン1800シリーズ発売。同時に53年排出ガス規制に適合。
ロード&トラック誌(米国)主催 '78ワン・オブ・ザ・10ベスト・カーズ、ベストセダン・アンダー5000ドル部門賞受賞。
1978(昭和53年)
1979
(昭和54年)
10月 アコード全タイプにオーバードライブ付ホンダマチックを設定。同時にアコードサルーンにESタイプを追加。
1979(昭和54年)
1980
(昭和55年)
1月 アコードシリーズ生産累計100万台達成。
2月 アコード、サハラ砂漠5000キロを走破。
4月 新エンジンCVCC-IIを搭載し、燃費と走行性能を向上させ発売。
7月 CVCC-IIエンジン搭載のアコード1600シリーズを追加。

1980(昭和55年)
1981
(昭和56年)
7月 アコードシリーズ生産累計150万台達成。
9月 新型アコード誕生。
1981(昭和56年)


アコードは、乗る人の「ゆとり」と、人とクルマの「調和」をめざした「新しい主張あるアダルトカー」として誕生し、クルマの価値観に新しい基準をうち建てました。昭和51年5月に発売以来FF小型車を代表するクルマとして世界をリード、世界約90ヵ国で愛用されてきました。乗る人すべてを考えたヒューマンな快適性と、すみずみにまで備えたクォリティは「車質のアコード」として内外に高い評価を得、クルマづくりの世界的規範となりました。
また、省資源・省エネルギーの点でも時代の要請に的確に応え、世界の信頼に応えてきました。アコードの歩みは、FF小型車モデルカーとしての歩みでもあります。

●アコードシリーズ生産実績
昭和 ハッチバック      サルーン      年  計     
51 94,973      ―      94,973     
52 219,064      23,032      242,096     
53 217,483      111,852      329,335     
54 168,952      146,859      315,811     
55 151,862      186,625      338,487     
56 (1〜7月末) 72,908      116,033      188,941     
合計 925,242      584,401      1,509,643     
(自工会資料・ホンダ調べ)


●アコードシリーズ販売実績(国内、輸出)
昭和 国  内      輸  出      合  計     
51 53,752      34,049      87,801     
52 83,941      150,862      234,802     
53 94,986      226,909      321,895     
54 68,606      251,435      320,041     
55 44,026      293,245      337,271     
56 (1〜7月末) 21,796      167,628      189,424     
合計 367,107      1,124,128      1,491,234     
(自工会資料・ホンダ調べ)


← 前のページへ --- 目次へ --- 次のページへ →