MENU

HONDA

検索

環境TOPICS

災害時に電気と安心をつなぐ、V2H対応DC普通充電器をさいたま市立太田小学校に設置。(取材日:3月16日)

2015年3月16日、Hondaはさいたま市と共同で、V2H(Vehicle to Home)対応DC普通充電器「Honda Power Manager(以下、HEH55)」をさいたま市立太田小学校に設置し、引き渡し式を行いました。

2015年3月16日、Hondaはさいたま市と共同で、V2H(Vehicle to Home)対応DC普通充電器「Honda Power Manager(以下、HEH55)」をさいたま市立太田小学校に設置し、引き渡し式を行いました。この「HEH55」により、FCV(燃料電池自動車)やEV(電気自動車)から小学校に設置されている蓄電池への給電が可能。災害時に避難所となる小学校で、電力の枯渇を防ぐことができます。さいたま市がすでに導入している「スマート水素ステーション(SHS)」やFCV「FCXクラリティ」に、今回「HEH55」が加わることで、水素社会の実現に向けたHondaの取り組みコンセプト「つくる・つかう・つながる」が初めて実用化されました。

地域の避難所となる小学校に、電力の枯渇を防ぐ「HEH55」を設置。

太田小学校の生徒らを交えて、和やかにテープカットが行われた

太田小学校の生徒らを交えて、和やかにテープカットが行われた

(上)「FCXクラリティ」のトランクに積まれた可搬式インバータボックスにつなぐことで給電が可能(下)多くの報道陣が詰めかけ、登壇者に質問を投げかける

(上)「FCXクラリティ」のトランクに積まれた可搬式インバータボックスにつなぐことで給電が可能
(下)多くの報道陣が詰めかけ、登壇者に質問を投げかける
 さいたま市岩槻区のさいたま市立太田小学校にて、HondaのV2H対応DC普通充電器「HEH55」の引き渡し式が開催されました。
 この式典には、さいたま市の本間和義副市長、太田小学校の中川昇次校長、Hondaの三部敏宏執行役員らが出席。太田小学校の生徒たちを交えてテープカットが行われた後、さいたま市が公用車として利用しているFCV「FCXクラリティ」を使った蓄電池への給電デモンストレーションが行われました。
 Hondaの「HEH55」は、EVへの充電のみを行う充電器ではありません。V2H(Vehicle to Home) 、つまりFCVやEVといったモビリティから家庭などへの電力供給に対応し、双方向でのエネルギーマネジメントが可能な充電器です。この「HEH55」を小学校に設置することで万が一の災害時でも電力が枯渇しない体制を整備するというのが、今回の導入におけるさいたま市の狙いです。
 さいたま市は2013年度から2015年度の3年間で、160ある市立小中学校すべてに太陽光発電パネルと蓄電池を設置する取り組みを推進。太田小学校にも20kWの太陽光パネルと15.6kWhの蓄電池が設置されています。
 これは、災害が起こった場合、小中学校の体育館が避難所となるからです。避難生活において、電力は命をつなぐライフライン。電力をはじめとするエネルギーがなければ、夜は暗闇のまま、食事の用意や暖房設備も稼働できません。また、情報を収集するためのテレビや連絡を取るための携帯電話の充電も必要になります。ガスやガソリンなどの燃料も、災害時に手に入りにくいことは東日本大震災で学んだばかりです。そうした経験を活かし、エネルギーを確保する手段として、太陽光発電や蓄電池が設置されました。
 しかし百人、千人単位で地域の方々を受け入れるとなると、太陽光発電や蓄電池の電力では、賄いきれなくなるでしょう。さらに、雨天や夜間は太陽光発電を行うことはできません。そこで、白羽の矢が立ったのが「HEH55」です。こうした電力が不足する事態に、FCVが駆けつけて水素で発電した電力を蓄電池に供給。EVに比べて、搭載できるエネルギー容量の大きいFCV「FCXクラリティ」なら、太田小学校に設置されている蓄電池約4台分をフル充電できます。

Hondaの水素社会の取り組みコンセプト、 「つくる・つかう・つながる」が実用化。

 さいたま市では、Hondaと岩谷産業が共同開発した「スマート水素ステーション(SHS)」を見沼区のさいたま市東部環境センターに設置して、廃棄物発電の電力で水素を製造。そして、FCVである「FCXクラリティ」を公用車として利用しています。
 災害時に電力会社からの電力供給が断たれたとしても、「SHS」でつくった水素を「FCXクラリティ」に充填し「走る電源」として活用。「HEH55」につないで、避難所の蓄電池に電力を供給することができます。
 今回「SHS」「FCXクラリティ」に続き、「HEH55」を太田小学校に導入したことで、さいたま市ではこうした水素による防災が現実のものとなりました。そしてこれは、Hondaが水素社会を実現するためのコンセプト、「つくる・つかう・つながる」が実用化されたといえます。

 Honda初となるこのコンセプトの実用化に際し、三部執行役員は次のように語りました。
 「HondaはFCVをつくるだけでなく、そのエネルギーの創出と効率的な活用についても、積極的にチャレンジしていきます。さいたま市と太田小学校での取り組みがモデルケースとなり、日本中、そして世界に広がっていくことを期待しています」

木々の根元ではたくさんの山野草が春を待つ
(左)蓄電池の側面に壁掛け形式で設置された「HEH55」。防災設備としての導入は、製品に対する信頼の証(右上)太田小学校の屋上に設置された太陽光発電パネル

(左)蓄電池の側面に壁掛け形式で設置された「HEH55」。防災設備としての導入は、製品に対する信頼の証

(右上)太田小学校の屋上に設置された太陽光発電パネル

環境教育の一環として、太陽光による発電量や使用電力量などをモニターに表示。毎日発電される電力は、照明などの学校設備に利用され、余剰分が蓄電池に貯められる

環境教育の一環として、太陽光による発電量や使用電力量などをモニターに表示。毎日発電される電力は、照明などの学校設備に利用され、余剰分が蓄電池に貯められる

本間和義副市長

本間和義副市長
「さいたま市における災害時の対応の進化、そして環境に優しいモビリティやインフラの普及促進の一助になると期待しています」

中川昇次校長

中川昇次校長
「子どもたちは、水素燃料などの技術が当たり前にある時代を生きていきます。『HEH55』の役割を説明することで環境教育を行っていきたい」

三部敏宏執行役員

三部敏宏執行役員
「『つくる・つかう・つながる』をコンセプトに製品を組み合わせることで水素社会の実現を目指しています。その技術が実用化されたことを嬉しく思います」

式典後には、開発に携わったHondaの上野政則主任研究員が「HEH55」を紹介。Hondaが取り組む「つくる・つかう・つながる」というコンセプトの狙いや内容についても語られた

式典後には、開発に携わったHondaの上野政則主任研究員が「HEH55」を紹介。Hondaが取り組む「つくる・つかう・つながる」というコンセプトの狙いや内容についても語られた

Facebookで、Hondaの環境取り組みや環境技術、エコな製品などの情報を発信しています!