MENU

HONDA

検索

環境TOPICS

埼玉県さいたま市で、超小型EV「MC-β」のワンウェイ型カーシェアリングを11月30日まで実施中。(取材日:9月30日)

 Hondaは、さいたま市と共同で、2014年10月1日から大宮駅周辺で超小型EV(電気自動車)「MC-β」を利用したワンウェイ型カーシェアリング事業「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」を開始しました。会員登録いただいた方ならどなたでも、「MC-β」を運転して全34ヶ所のカーステーションからカーステーションへと移動することが可能です。Hondaはこの取り組みを通して、 都市部でのCO2低減や渋滞解消といった課題に対する、小型電動モビリティによる新交通システムの検証をさいたま市とともに進めていきます。

「MC-β」の前で撮影。左から、ファインモータースクール 須澤素朗 営業企画部長、広友リース株式会社 梅木孝治 代表取締役社長、三井不動産リアルティ株式会社 片岡純市 リパーク事業本部執行役員リパーク事業本部長、清水勇人 さいたま市長、本田技研工業株式会社 緑川 雅志 四輪事業本部スマートコミュニティ企画室参与、株式会社ナガワ 高橋修 代表取締役社長

「MC-β」の前で撮影。左から、
ファインモータースクール 須澤素朗 営業企画部長、広友リース株式会社 梅木孝治 代表取締役社長、三井不動産リアルティ株式会社 片岡純市 リパーク事業本部執行役員リパーク事業本部長、清水勇人 さいたま市長、本田技研工業株式会社 緑川 雅志 四輪事業本部スマートコミュニティ企画室参与、株式会社ナガワ 高橋修 代表取締役社長

カーシェアリング事業の概要

ワンウェイ型だから、こっちで借りて、あっちで返せる。 超小型「MC-β」で、市街地を自由に移動。

 2014年9月30日、Hondaとさいたま市の共同カーシェアリング事業「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」のオープニングセレモニーが、大宮駅にほど近い「さいたま市営桜木駐車場」で開催されました。
 このセレモニーには、清水 勇人 さいたま市長、緑川 雅志 本田技研工業株式会社 四輪事業本部スマートコミュニティ企画室参与らが出席。カーシェアリングに使用される9台に、さいたま市の公用車1台を加えた全10台の「MC-β」をずらりと並べ、式典が行われた後、出席者による「MC-β」のデモンストレーション走行が実施されました。
 カーシェアリングとは、登録会員の間で1台もしくは複数台のクルマを共同利用するシステムのこと。国内でも普通車のカーシェアリングサービスは急速に利用者の拡大が進んでおり、一般的にレンタカーよりも短時間の料金設定がなされているので、少しだけクルマを利用したい時に便利なサービスと言えます。
 今回のカーシェアリング事業の最大の特徴は、Hondaがさいたま市と共同で社会実験を行っている超小型EV「MC-β」を貸し出すこと。いかにも扱いやすそうなコンパクトな車体と未来的なフォルムが印象的なモビリティで、このサイズながら定員2名、最高時速70kmを実現。普通のクルマと同じように一般道を交通の流れに乗って走行できます。
 さらに、借りたところと別のカーステーションに返却できるワンウェイ型カーシェアリングを採用し、より自由度の高い移動が可能。大宮駅を中心に半径約2.5kmに点在する全34ヶ所のカーステーションからカーステーションへ「MC-β」を乗り捨てできます。
  例えば、駅の近くで「MC-β」を借りて観光スポット付近で返却。観光後に再度借りて別のスポットへ、という観光地巡りの足に。または自宅近くで借りて、ショッピングモールのカーステーションに返却。お買い物が終わってから、もう一度借りて帰宅するなど、使い方はさまざまです。
 また、カーステーションは、バスや鉄道との連携を考慮して設定されているので、これらの交通手段と組み合わせて利用することもできます。
 このカーシェアリングは、さいたま市民以外の方ももちろん利用可能。公式サイトから会員登録を行い、1時間程度の講習会を受講すれば事前準備が完了します。利用時には、会員サイトから使いたい車両と返却ステーションを選択して車両を予約。天井にあるカードリーダーに、登録したICカードをタッチすると、ハンドブレーキの下に備え付けられたキーボックスが解錠し、キーが取り出せる仕組みです。

ずらりと並んだ「MC-β」。9台がカーシェアリングに使用されます

ずらりと並んだ「MC-β」。9台がカーシェアリングに使用されます

お手持ちのスマートフォンやタブレット端末をナビとして利用することも可能

お手持ちのスマートフォンやタブレット端末をナビとして利用することも可能

後部座席には、鍵付きの貴重品ボックスを配置

後部座席には、鍵付きの貴重品ボックスを配置

利用者による充電は不要。営業終了後に、管理者が充電を行います

利用者による充電は不要。営業終了後に、管理者が充電を行います

緑川参与(左)と清水市長(右)。今回のカーシェア事業は、さいたま市における「MC-β」の社会実験のひとつ

緑川参与(左)と清水市長(右)。今回のカーシェア事業は、さいたま市における「MC-β」の社会実験のひとつ

清水市長は、満足気に「非常に乗りやすかった。風を切って気持ちよく走れました」とも

清水市長は、満足気に「非常に乗りやすかった。風を切って気持ちよく走れました」とも

市長自らデモンストレーション走行を実施。「MC-β」の乗り心地や操作性をPR。

 今回のカーシェアリング事業は、Hondaとさいたま市で構成される、さいたま市小型電動モビリティ利活用推進協議会における「超小型モビリティ導入促進事業」の社会実験のひとつ。緑川参与は、本実験について「さいたま市の交通課題である交通渋滞の緩和、CO2排出量低減、そして高齢化対策や子育て支援に寄与するともに、お住まいの方を含めた市街地への来訪者の回遊性向上を実現することが狙い。このシステムが将来の実装につながり、交通渋滞の解消とさらなる街の活性化に貢献することを期待しています」と述べました。
 式典後には、 「さいたま市営桜木駐車場」の一画を、清水市長をはじめとする式典の出席者全員がそれぞれ「MC-β」に乗り込み、デモンストレーション走行を実施。「MC-β」が次々とエンジン音もなく静かに動き出すと、詰めかけた報道陣や関係者から感嘆の声が上がっていました。
 走行を終えた、清水市長に「MC-β」へのご意見を伺うと次のように語っていただきました。「振動や騒音がほとんどありませんし、操作性も通常のクルマと変わらないと感じました。やはり、見た目が普通のクルマと違うので、いきなり導入するといっても一般の方にしてみると乗り心地や操作性に精神的なハードルがあるでしょう。でも、実際に運転し始めると安心感があるし、小回りも利くので子育て世代や高齢者の方も乗りやすいと思います。車幅感覚なども、講習会で一度乗ればつかめるでしょうし。ぜひこの機会に、多くの方に『MC-β』を体験していただきたいですね」
 「MC-β」のカーシェアリングは11月30日までの期間限定。会員登録や利用の手続きも簡単です。さいたま市やその近郊にお住まいの方、そしてさいたま市を訪れる方、「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」