MENU
HONDA
検索

環境TOPICS

燃費性能を極めた革新の世界戦略車 新型「フィット」「フィット ハイブリッド」発表会を開催。(取材日:9月5日)

 013年9月5日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで、新型「フィット」「フィット ハイブリッド」発表会が開催されました。2001年の登場以来12年で、日本国内200万台※1、世界では123の国と地域で487万台※2を販売してきたフィットは、文字通りHondaの基幹車種。コンパクトカー市場で勝ち続けてきたフィットが今後も勝ち続けていくために、6年ぶりのフルモデルチェンジでいったいどんな進化を遂げたのか。この日、その全貌が明らかになりました。
「スーパーカブのような普遍的な価値を持つ四輪車を目指して開発しました」と話す、開発責任者の小西真主任研究員
「スーパーカブのような普遍的な価値を持つ四輪車を目指して開発しました」と話す、開発責任者の小西真主任研究員
「すでに事前受注は初代、二代目を遥かに上回る25,000台に達しています」と話す、日本営業本部長の峯川尚専務
「すでに事前受注は初代、二代目を遥かに上回る25,000台に達しています」と話す、日本営業本部長の峯川尚専務
実車をその目で見ようと次々にステージに上がる約300人の報道関係者
実車をその目で見ようと次々にステージに上がる約300人の報道関係者

日本一から世界一へ。それが新型フィットの使命。

 「新型フィットは世界一を目指しました。世界一便利で、世界一使い勝手が良く、世界一愛されるコンパクトカー。それがこの新しいフィットです
 実車と共にステージ上に姿を現した伊東孝紳社長は、開口一番こう語りました。日本一売れるHonda車から世界一売れるHonda車へ。それが新型フィットに課された使命であり、伊東社長の口からは、この新型フィットを足がかりにグローバルコンパクトシリーズを世界展開し、2016年までに年間150万台の世界販売を目指すという構想も明らかになりました。
 その世界戦略のため、Hondaはクルマづくりを根本から見直し、新しい体制を構築したことも公表されました。
 「世界各地域で、それぞれの開発・生産・販売部門が一体となり、ベストな仕様と価格でクルマをつくり、販売する。その実現のために構造改革を行い、新たなグローバルオペレーション体制を構築しました」(伊東社長)
 その「革新」の世界戦略車第一弾として、パワートレインやプラットフォームを一新し、先進技術を惜しみなく投入して完成させたクルマが新型フィットなのです。

報道陣に取り囲まれ、ここぞとばかりに質問攻めにあう伊東社長。
ブースではHondaのスタッフたちがハイブリッドシステムの仕組みを解説。

世界一のクルマだからこそ、環境性能でも世界一を目指す。

 新型フィットで注目すべきは、やはりその燃費性能です。ハイブリッドモデルは、Hondaの次世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」による新開発1モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」※3を搭載し、軽量・コンパクトという特長を維持しながら、2モーターと同等のEVドライブを実現。36.4km/L※4(JC08モード)という国内最高※5の低燃費を達成しています。また1.3Lのガソリン車も、新開発のアトキンソンサイクルエンジンを採用し、従来のハイブリッドモデルに匹敵する26.0km/L※6(JC08モード)という低燃費を達成。共に世界一売れるクルマを目指すに相応しい環境性能を手に入れています。
 Hondaが新型フィットの燃費性能にこだわったのには、理由があります。新型フィットが世界一売れるHonda車を目指すということは、CO2排出による地球温暖化への影響、燃料消費による地球資源への影響が最も大きいHonda車がフィットだということ。つまりフィットの燃費性能が地球環境に大きく影響を及ぼす可能性がある。そのことを自覚しているから、Hondaは新型フィットの燃費を極限まで磨いたのです。
 製品としての環境性能だけではありません。Hondaの中でもっとも多くの台数を生産する車種として、その製造時における地球環境への影響にも最大限配慮し、最小化する必要があるとHondaは考えました。そのため新型フィットを生産する寄居工場は、Hondaの最先端の生産技術と高効率な生産体制によって、世界トップクラスの省エネルギーを実現しています。
 グローバルコンパクトとしての使命を負った新型フィットは、”「自由な移動の喜び」と「豊かで持続可能な社会」の実現”を目指すHondaにとっての最重要車種。だからこそHondaは、開発、製造、製品使用など製品のライフサイクル全てにおける環境性能を極めたHonda渾身の一台として、新型フィットを世に送り出したのです。
●新開発1モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」

新開発1モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」

※1 2013年4月末現在。Honda調べ  ※2 2013年9月現在。Honda調べ
※3 i-DCD:Intelligent Dual Clutch Drive(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)  ※4 HYBRID(FF)の国土交通省審査値
※5 Honda調べ。プラグインハイブリッド車は除く(2013年8月現在)  ※6 13G(FF)の国土交通省審査値
Face