MENU

HONDA

検索

環境TOPICSは、環境ニュースHot! Eyesとして生まれ変わりました。

2016.09.08 update

“ヴェゼル ハイブリッド”が21,000人超のランナーを先導。
“北海道マラソン2016”開催。

2016年8月28日に北海道の札幌市で開催された“北海道マラソン2016”。Hondaはこの大会に先導車の“ヴェゼル ハイブリッド”をはじめ、“シャトル ハイブリッド”や“フィット”を提供しました。

動画で観る環境情報 Hot!Eyes

“ヴェゼル ハイブリッド”が21,000人超のランナーを先導。“北海道マラソン2016”開催。

2016年8月28日に北海道の札幌市で開催された“北海道マラソン2016”。Hondaはこの大会に先導車の“ヴェゼル ハイブリッド”をはじめ、“シャトル ハイブリッド”や“フィット”を提供しました。

一斉にスタートしたランナーを“ヴェゼル ハイブリッド”が先導
一斉にスタートしたランナーを“ヴェゼル ハイブリッド”が先導
マラソンではおなじみのタイマーを搭載
マラソンではおなじみのタイマーを搭載
審判長を乗せた“シャトル ハイブリッド”
審判長を乗せた“シャトル ハイブリッド”
広報車“フィット”は先頭集団の様子などを実況しながら走行
広報車“フィット”は先頭集団の様子などを実況しながら走行
先導した白バイはHondaの“CB1300”
先導した白バイはHondaの“CB1300”
救護スタッフをはじめ、多くのボランティアが大会を支えた
救護スタッフをはじめ、多くのボランティアが大会を支えた

 日本で唯一、夏に行われるフルマラソン大会、北海道マラソン。観光地としても指折りの札幌市を走ることができるとあって、例年ランナーから高い人気を誇る大会です。今年で30周年の節目を迎え、11.5kmのファンランを含めると過去最高の21,000人超が全国から参加しました。

 スタート地点は札幌市の中心部、大通公園。半袖では少し肌寒さを感じる朝の空気の中、スタートの合図を待ってランナーたちがひしめきあいます。午前9時、号砲によって堰を切ったように2万人がスタートラインから駆け出します。通りを埋め尽くすように進む人波の先頭を走るのが先導車の“ヴェゼル ハイブリッド”です。ルーフには大きな車載用タイマーを設置し、1秒また1秒と公式タイムを刻みつつ、ランナーをリードしていきます。
 そして“ヴェゼル ハイブリッド”の後ろには大会審判長が乗車する審判長車“シャトル ハイブリッド”。公正なレースが展開されるよう先頭集団を見守りながら走行します。

 “北海道マラソン2016 ”にこの2台を選出したのは、排気ガスが少なくランナーにやさしいハイブリッドカーであり、かつ四輪駆動のクルマという観点からです。
 Hondaではコンパクトハイブリッド4WDとしてハッチバックの“フィット”、SUVの“ヴェゼル”、ワゴンの“シャトル”、そしてセダンの“グレイス”をラインアップ。環境負荷の小さいハイブリッドカーをきめ細かいニーズに合わせて、多彩なボディタイプで提供できるのはHondaだけです。四駆車を求める方が多い雪国の北海道で、大会での走行を通してハイブリッド4WDの幅広い選択肢をより多くの方にご紹介しました。

 大会は三菱日立パワーシステムズ株式会社の木滑良選手が2時間13分16秒のタイムで優勝。女子では2時間32分33秒でTEAM R×Lの吉田香織選手が優勝しました。そして招待選手や実業団の選手らがゴール。さらに大勢の一般ランナーが途切れることなく続々とゴールしました。
 数多くのスタッフの協力によって無事に幕を閉じた“北海道マラソン2016”。先導車や審判長車を務めた2台に加え、大会を実況した広報車やコースおよびランナーの様子をチェックする監察車として走った“フィット”など、Honda車がさまざまな役割を果たし、円滑な大会運営の一助となりました。

スタート直後、余力たっぷりのランナーたちはカメラマンに笑顔でポーズ
スタート直後、余力たっぷりのランナーたちはカメラマンに笑顔でポーズ
さっぽろテレビ塔を過ぎ、札幌駅へと向かう
さっぽろテレビ塔を過ぎ、札幌駅へと向かう
家族や友人の応援に駆けつけた方も多く、沿道が見物客で埋まる場所も
家族や友人の応援に駆けつけた方も多く、沿道が見物客で埋まる場所も
40km地点は北海道大学のキャンパス内
40km地点は北海道大学のキャンパス内
スタート直後、余力たっぷりのランナーたちはカメラマンに笑顔でポーズ
スタート直後、余力たっぷりのランナーたちはカメラマンに笑顔でポーズ
さっぽろテレビ塔を過ぎ、札幌駅へと向かう
さっぽろテレビ塔を過ぎ、札幌駅へと向かう
家族や友人の応援に駆け付けた方も多く、沿道が見物客で埋まる場所も
家族や友人の応援に駆け付けた方も多く、沿道が見物客で埋まる場所も
40km地点は北海道大学のキャンパス内
40km地点は北海道大学のキャンパス内
北海道庁を抜けるとゴールは目前。最後の力を振り絞ってスパート
北海道庁を抜けるとゴールは目前。最後の力を振り絞ってスパート
優勝は三菱日立パワーシステムズの木滑良選手
優勝は三菱日立パワーシステムズの木滑良選手
女子ではTEAM R×Lの吉田香織選手が優勝
女子ではTEAM R×Lの吉田香織選手が優勝
Honda陸上競技部も参戦。部内トップ、総合12位の飯田明徳選手
Honda陸上競技部も参戦。部内トップ、総合12位の飯田明徳選手
北海道庁を抜けるとゴールは目前。最後の力を振り絞ってスパート
北海道庁を抜けるとゴールは目前。最後の力を振り絞ってスパート
優勝は三菱日立パワーシステムズの木滑良選手
優勝は三菱日立パワーシステムズの木滑良選手
女子ではTEAM R×Lの吉田香織選手が優勝
女子ではTEAM R×Lの吉田香織選手が優勝
Honda陸上競技部も参戦。部内トップ、総合12位の飯田明徳選手
Honda陸上競技部も参戦。部内トップ、総合12位の飯田明徳選手

(取材日 2016年8月28日)

環境TOPICSは、環境ニュースHot! Eyesとして生まれ変わりました。