MENU

HONDA

検索

環境TOPICS

公開:2016年7月27日

取材:2016年7月22日

祭やぐらの提灯を“クラリティ FUEL CELL”の電力で灯す。
“東京丸の内盆踊り2016”で外部給電デモを披露。

 2016年7月22日、東京都の丸の内地区で「大手町・丸の内・有楽町 夏祭り2016実行委員会」をはじめ、環境省や東京都などが主催する “東京丸の内盆踊り2016”が開催されました。Hondaは、この盆踊りの祭やぐらに燃料電池自動車(FCV)“クラリティ FUEL CELL”から外部給電器“Power Exporter 9000”を介して給電を行うプロモーションを実施しました。

 盆踊り会場に組み上げられた高さ5メートルもの祭やぐら。盆踊りの象徴とも言える祭りやぐらのすぐそばには、“クラリティ FUEL CELL”と“Power Exporter 9000”が設置されました。
 クルマと祭やぐら、異質な組み合わせに、盆踊りに訪れた人々の注目が集まります。そして彼らを惹きつけた「なぜここにクルマが?」という率直な質問の回答となる、「FCVから電気を供給中!」と記された看板がクルマの横に立てられていました。

 看板に記された通り、“クラリティ FUEL CELL”の役割は、やぐらの上部にずらりと並ぶ提灯への電力供給です。
 屋外イベントで電気が必要な場合はガソリンやガスを燃料とする発電機を使うのが一般的ですが、どうしてもエンジン音や排気ガスが発生します。それに対して、FCVの外部給電機能なら発電時に排出されるのは水だけで、騒音もニオイもありません。“クラリティ FUEL CELL”と“Power Exporter 9000”が大勢の人々の夏の楽しみを演出しました。

 この盆踊りは、丸の内で働く会社員ら約1,000人が参加した打ち水イベントをはじめ、「環境配慮型街づくり」をコンセプトにした“大手町・丸の内・有楽町 夏祭り2016”の一環として行われました。
 祭やぐらに外部給電を行った“クラリティ FUEL CELL”の車両提供はイベントを主催した東京都。Hondaが東京都に外部給電の共同プロモーションを提案して本企画が実現しました。また東京都は“クラリティ FUEL CELL”と同様に、都が所有するトヨタ自動車株式会社のFCV“MIRAI”からも外部給電を実施。“Power Exporter 9000”を介して、東京都と環境省のブースの照明に“MIRAI”の電力を供給しました。

 東京都環境局の地球環境エネルギー部で環境都市づくり課長を務める川久保ルミ子氏は、この夏祭りが「どんなことが環境配慮につながるか」を知っていただくためのイベントであると話し、そこにFCVを出展する意義を次のように述べました。
「FCVや水素エネルギー自体が、まだまだ一般に知られていないと感じています。こうしたイベントで実車やその使い方を見ていただくことが、理解してもらうこと、身近に感じてもらうことにつながると思いました。東京駅に近い丸の内エリアではお仕事帰りの方や観光の方など、いろいろな方が行き交いますから、この場所でFCVを紹介できることに大きな意義があると感じております」

 丸の内エリアでのHondaの外部給電のプロモーションは、昨年実施したクリスマスのイルミネーションへの給電に続いて2回目。スマートコミュニティ企画室の八方理恵主任は、再び丸の内でプロモーションを実施した狙いをこう語りました。
「丸の内で開催されるイベントは注目度が高く、前回のイルミネーションへの給電デモでも多くの方が関心を寄せていただきました。そこで夏のイベントでも外部給電をPRしたいと考え、祭やぐらへの電力供給を企画しました。訪れた方は、なぜ盆踊りのやぐらの前にクルマが置いてあるんだろうと不思議に感じると思います。それをきっかけにFCVが電気を供給することもできるということ、しかもCO2を排出せずに発電できることを知ってもらいたいと考えました」

 盆踊り会場には浴衣姿のカップルや終業後のビジネスマンたち、そして海外からの旅行者など多くの人が集まり、活気ある夏祭りが繰り広げられました。“クラリティ FUEL CELL”と祭やぐらを背に記念写真を撮影する姿が何度も見受けられるなど大きな注目を集め、FCVや外部給電機能の認知拡大が期待できるイベントとなりました。

祭やぐらと“クラリティ FUEL CELL”を中心に、活気あふれる盆踊りの輪が広がる

祭やぐらと“クラリティ FUEL CELL”を中心に、活気あふれる盆踊りの輪が広がる

祭やぐらとFCV、そして盆踊り。異質な組み合わせが来場者を惹きつける

祭やぐらとFCV、そして盆踊り。異質な組み合わせが来場者を惹きつける

看板や“Power Exporter 9000”の台座で「燃料電池車から電力供給中」とお知らせ

看板や“Power Exporter 9000”の台座で「燃料電池車から電力供給中」とお知らせ

“大手町・丸の内・有楽町 夏祭り2016”のオープニングを飾った打ち水イベント

丸の内のオフィスワーカーをはじめ、約1,000人がいっせいに打ち水を実施

丸の内のオフィスワーカーをはじめ、約1,000人がいっせいに打ち水を実施

“Power Exporter 9000”はトヨタ自動車株式会社の“MIRAI”にも接続可能

“Power Exporter 9000”はトヨタ自動車株式会社の“MIRAI”にも接続可能

東京都と環境省のブースにも、FCVの外部給電により照明が灯る

東京都と環境省のブースにも、FCVの外部給電により照明が灯る

東京都 環境局 地球環境エネルギー部 環境都市づくり課長 川久保ルミ子氏

東京都 環境局 地球環境エネルギー部
環境都市づくり課長 川久保ルミ子氏

Honda スマートコミュニティ企画室 八方理恵主任

Honda スマートコミュニティ企画室
八方理恵主任

Facebookで、Hondaの環境取り組みや環境技術、エコな製品などの情報を発信しています!