MENU

HONDA

検索

環境TOPICSは、環境ニュースHot! Eyesとして生まれ変わりました。

2018.02.07 update

燃料電池自動車を自分で運転してみよう!
仙台市で「クラリティ FUEL CELL」のレンタカーが稼動中!

宮城県下でHonda車販売を行う株式会社ホンダカーズ宮城中央では、現在、仙台市内にある台原店と幸町店の2店舗で、燃料電池自動車(FCV)「クラリティ FUEL CELL」のレンタカーを実施中です。これは同社が宮城県の委託を受けて実施しているもので、普通運転免許取得後2年以上の免許証をお持ちの方ならどなたでもレンタル可能。4時間コースと6時間コースがあり、絶賛稼動中です。

燃料電池自動車を自分で運転してみよう!仙台市で「クラリティ FUEL CELL」のレンタカーが稼動中!

燃料電池自動車を自分で運転してみよう!仙台市で「クラリティ FUEL CELL」のレンタカーが稼動中!

宮城県下でHonda車販売を行う株式会社ホンダカーズ宮城中央では、現在、仙台市内にある台原店と幸町店の2店舗で、燃料電池自動車(FCV)「クラリティ FUEL CELL」のレンタカーを実施中です。これは同社が宮城県の委託を受けて実施しているもので、普通運転免許取得後2年以上の免許証をお持ちの方ならどなたでもレンタル可能。4時間コースと6時間コースがあり、絶賛稼動中です。

仙台市内にあるホンダカーズ宮城中央 台原店と幸町店で実施しているクラリティのFCVレンタカー。

ホンダカーズ宮城中央 台原店に用意されるのは、クリスタルブラック・パールのクラリティ。
ホンダカーズ宮城中央 台原店に用意されるのは、クリスタルブラック・パールのクラリティ。
仙台市青葉区台原にある、ホンダカーズ宮城中央 台原店。
仙台市青葉区台原にある、ホンダカーズ宮城中央 台原店。
FCVレンタカーを担当するスタッフの横尾康太氏。
FCVレンタカーを担当するスタッフの横尾康太氏。
FCVのレンタルに訪れ、受け付けをする千田拓也さん。
FCVのレンタルに訪れ、受け付けをする千田拓也さん。
諸注意の後は、キーを受け取っていよいよ出発。
諸注意の後は、キーを受け取っていよいよ出発。

 宮城県は、東日本大震災の経験を踏まえて災害に強く環境負荷の少ない次世代のエネルギーとして、水素エネルギーの普及促進を重点施策に位置付けています。この方針のもと、燃料電池自動車(FCV)「クラリティ FUEL CELL」やスマート水素ステーション(SHS)などをいち早く導入。また仙台市内のタクシー会社に県が導入したクラリティを委託してFCVタクシーを走行させるなど、水素エネルギー社会の実現に向けて積極的な活動を展開しています。
 この活動の一環として、現在宮城県ではクラリティを使ったFCVレンタカーを稼動させています。多くの方に自らの手でFCVを運転していただく機会を設けることで、FCVの認知拡大を図る目的です。
 このレンタカー事業を運営するのは、宮城県の依頼を受けた株式会社ホンダカーズ宮城中央です。仙台市内にある台原店と幸町店の2店舗に1台ずつクラリティを配備し、webサイトからの申し込みで貸し出しを行っています。
「FCVレンタカーをご利用されるお客様は、クルマ好きの方やHondaファンの方、環境問題に興味を持ち、未来の水素エネルギーを体験してみたいという方々です。我々としては、FCVならではの静粛性、力強い加速感などをぜひ多くの方々に体験していただき、FCVの素晴らしさを広げていきたいですね」(ホンダカーズ宮城中央 横尾康太氏)

 実際にレンタルしてFCVを初体験したお客様、千田拓也さんは、4時間コースの体験を終えた後、その感想をこう語ってくれました。
「水素で動くクルマがあると聞いて興味を持ち、運転してみたいと思って申し込みました。実際に乗ってみると、車内が広くて高級感もあり、乗り心地も良い。そしてアクセルを踏むと、静かなのに力強く加速するのが通常のガソリン車と違って印象的でした。価格が高いので自家用車にすることはできませんが、今後、手の届く価格帯で出てくれば購入も検討したい。ぜひそうなってほしいと思いますね」

FCVレンタカー利用シーン

運転席に座ってシートポジションやミラーを合わせ、いよいよ出発。
運転席に座ってシートポジションやミラーを合わせ、いよいよ出発。
スタッフの横尾氏の見送りを受けながら、公道へ。
スタッフの横尾氏の見送りを受けながら、公道へ。
交通量の多い道を抜けて郊外を目指す。
交通量の多い道を抜けて郊外を目指す。
クルマが途切れると、ちょっとアクセルを踏んでみる。
クルマが途切れると、ちょっとアクセルを踏んでみる。
街路樹のきれいな道路をエンジン音のしない静かなFCVで走る。
街路樹のきれいな道路をエンジン音のしない静かなFCVで走る。
返却前には水素ステーションに立ち寄って水素を充填。
返却前には水素ステーションに立ち寄って水素を充填。
ステーションのスタッフが充填してくれるので不安は無し。
ステーションのスタッフが充填してくれるので不安は無し。
FCV体験を終えて興奮気味の千田拓也さん。
FCV体験を終えて興奮気味の千田拓也さん。

 FCVレンタカーの申し込みは、Webサイトで受け付けています。ご利用いただけるのは、普通運転免許取得後2年以上の免許証をお持ちの方で、お支払いはクレジットのみとなります。その他詳しい条件はWebサイトをご確認ください(FCVレンタカーのご利用方法と申し込み)。
 Hondaはこれからも、水素エネルギー利活用を積極的に推進する宮城県に協力し、共に水素エネルギー社会の実現に向けた活動を進めていきます。

(取材日 2017年11月19日)

環境TOPICSは、環境ニュースHot! Eyesとして生まれ変わりました。

「自由な移動の喜び」と「豊かで持続可能な社会」の実現|Honda Smart Community 「自由な移動の喜び」と「豊かで持続可能な社会」の実現|Honda Smart Community