MENU

HONDA

検索

環境取り組みの基本方針

世界中のすべての人々にとって「存在を期待される企業」であるために、環境への対応は社会・安全・品質と並ぶ重点テーマであるとHondaは捉えています。「Honda環境宣言」の制定や「Honda環境・安全ビジョン」の策定を通して未来像を明確に定め、グローバルで具体的な環境取り組みを推進していくことで、社会、そしてお客様の期待に応えていきます。

Honda環境宣言Honda環境宣言

Hondaは、1960年代から積極的に環境課題の解決に取り組んできました。1970年代には一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物(NOx)の排出を減らした低公害のCVCCエンジンを開発し、当時世界で最も厳しい自動車の排出ガス規制といわれた米国マスキー法に世界で初めて適合しました。
1992年には、設計・開発段階や生産段階はもちろん、製品ライフサイクルの各段階で環境負荷を低減するという基本姿勢を整理・明文化し、すべての環境取り組みの指針となる「Honda環境宣言」を制定しました。

Honda環境宣言

地球環境の保全を重要課題とする社会の責任ある一員として、Hondaは、すべての企業活動を通じて、人の健康の維持と地球環境の保全に積極的に寄与し、その行動において先進性を維持することを目標として、その達成に努めます。
以下に、私たちの日々の活動にあたって従うべきガイドラインを示します。

  • 1.私たちは、商品の研究、開発、生産、販売、サービス、廃棄というライフサイクルの各段階において、材料のリサイクルと、資源、エネルギーの節約に努めます。
  • 2.私たちは、商品のライフサイクルの各段階で発生する廃棄物、汚染物質の最少化と適切な処理に努めます。
  • 3.私たちは、企業の一員として、また社会の一員として、人の健康の維持と地球環境の保全に努力することが重要であると認識し、積極的に行動することに努めます。
  • 4.私たちは、事業所の活動が、それぞれの地域の人たちの健康と環境や社会に対し及ぼす影響について認識し、社会から高い評価をいただけるように努めます。

1992年6月制定・発表

Honda環境・安全ビジョン Honda環境・安全ビジョン

Hondaはすべての人が心から安心して、どこへでも自由に移動することができる社会をつくることを目指して、2011年に「Honda環境・安全ビジョン」を定めました。
このビジョンには、パーソナルモビリティに関わる製品・サービスを通して、お客様に感動を提供し続け、社会の永続的な発展と調和に貢献していきたい、というHondaの強い想いが込められています。
また、このビジョンの達成に向け、今後さらなる環境取り組みを進めていく意思表明として、Hondaグローバル環境スローガン「Blue Skies for Our Children」を制定。これを象徴するシンボルとして、「Hondaグローバル環境シンボル」を定めました。

Honda環境・安全ビジョン
「自由な移動の喜び」と
「豊かで持続可能な社会」の実現
Hondaグローバル環境シンボル

環境側面の重要課題環境側面の重要課題

  • 気候変動・
    エネルギー問題
    への対応
  • 資源の効率利用
  • クリーンな大気の保全

Hondaとステークホルダーの2つの視点からグローバルで取り組むべき重要課題を整理し、明確化しています。その中で、環境側面の重要課題は「気候変動・エネルギー問題への対応」「資源の効率利用」「クリーンな大気の保全」であると捉えています。

環境負荷ゼロ社会をめざすコンセプト環境負荷ゼロ社会をめざすコンセプト

環境負荷ゼロ社会をめざすコンセプト 環境負荷ゼロ社会をめざすコンセプト

Triple Zero(トリプルゼロ)Honda は、「気候変動問題」「エネルギー問題」「資源の効率利用」に対応するためにめざす3 つの「ゼロ化」を一つのコンセプトにまとめ、「Triple ZERO」として掲げています。この考え方をもとに事業活動に取り組むことで、「環境負荷ゼロ社会」の実現をめざしています。

再生可能エネルギーによるCO2 排出ゼロ化
「気候変動問題」への対応として、再生可能エネルギーを活用することで、
将来的に製品および事業活動におけるCO2排出をゼロ化することをめざします。
エネルギーリスクゼロ化
「エネルギー問題」への対応として、化石燃料への高依存などによるエネルギーリスクの将来的なゼロ化をめざします。
資源と廃棄におけるリスクゼロ化
「資源の効率利用」への対応として、資源調達段階から使用済み製品の回収、
廃棄段階に至るまでに発生するリスクのゼロ化をめざします。

環境負荷低減への対応環境負荷低減への対応

  • 製品における対応
  • 企業活動における対応

「Triple Zero(トリプルゼロ)」の考え方をもとに、自らの技術と事業活動で取り組み、環境負荷ゼロ社会の実現を目指しています。

製品における対応
内燃機関の効率向上やエネルギーの多様化対応、再生可能エネルギーへの対応などによりCO2排出を低減する製品の開発に取り組んでいます。
企業活動における対応
高効率生産技術の展開や太陽光、風力などの再生可能エネルギーの導入、その他さまざまな省エネ施策に取り組んでいます。また、水資源使用量や廃棄物の低減活動にも取り組んでいます。
サステナビリティレポート グローバルの環境取り組みの基本的な考え方・パフォーマンス報告 サステナビリティーレポートで詳しく読む