MENU

HONDA

検索

Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2019

現在表示しているページ
モータースポーツ > Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2019 > 大会の記録 > 全国大会レポート&リザルト > 本田宗一郎杯 第33回 全国大会 2013レポート

全国大会2013 レポート&リザルト

大会概要

大会名称
本田宗一郎杯 Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2013 第33回 全国大会
開催日
2013年10月5日(土)練習走行/6日(日)決勝 ※雨天決行
会場
ツインリンクもてぎ 「スーパースピードウェイ」
燃料密度
2013年10月6日(日) 0.746(午前7時30分時点)
天候
2013年10月6日(日) 天気:曇り一時小雨 気温:21℃(午前7時30分時点)

"本田宗一郎杯 Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2013 第33回 全国大会"は、2013年10月5日(土)、6日(日)の2日間、栃木県ツインリンクもてぎにて開催いたしました。練習走行日の5日は朝から雨が降り、翌日の天候が心配され、6日の決勝日は、午後に一時小雨が降り、燃費を競う環境としては厳しい天候になりました。本大会は、限りあるガソリンの有用性を考え「1リットルのガソリンでどこまで走れるか?」をテーマとし、自由な発想であらゆる可能性にチャレンジする燃費競技大会です。全国各地の中学校や高等学校、大学、短大、高専、専門学校や、社会人のチームが毎年多数参加しています。今年は全410チームが参加し、内54チームが初参加となりました。海外からは、中国、タイ、ベトナムの3カ国から5チームがニューチャレンジクラスに参加し、中国チームが入賞するなど、国際色豊かな大会となりました。

今年は410チームが参加!燃費の記録に挑戦しました。

開会式の選手宣誓は、日本工業大学駒場高等学校の春田 将平さん。

伊東 孝紳大会名誉会長のフラッグで競技スタート。

燃費を競う環境としては厳しい天候になりました。

決勝日は、午前8時より開会式が行われ、吉田正弘大会会長の開会宣言で本大会の幕が開けました。開会式では、グループTの中学生クラス・長野市立篠ノ井西中学校、グループUの高校生クラス・千葉県立下総高等学校による優勝旗返還に続き、日本工業大学駒場高等学校の春田将平さんが、参加者を代表して力強く選手宣誓を行いました。

グループTで優勝。東京都市大付属中学校。

グループUで優勝。埼玉県立川口工業高等学校。

最最優秀賞 本田宗一郎杯はグループW「TEAM10xKUMAMOTO」が受賞!

副賞の栃木県産ゆずを使用した「ゆずっぺ」

グループTの中学生クラスには合計28チームがエントリー。「東京都市大付属中高自動車部中等部」が908.373km/lの記録で優勝。2位から6位までの上位を、長野県から参加の信大附属長野中技術部の各チームが独占しました。 グループUの高校生クラスは、全クラスの中で最も多い149チームがエントリー。優勝は、「埼玉県立川口工業高校 機械研究部A」で、記録は1724.499km/lでした。昨年優勝の「千葉県立下総高等学校」は3位と6位の入賞となり、3連覇はなりませんでした。グループVの大学・短大・高専・専門学校生クラスは、石川県から参加の「KIT夢考房エコランプロジェクト」が、2416.344km/lでグループ新記録を樹立、また3連覇を達成しました。グループWの一般クラスは、「TEAM10xKUMAMOTO」が2563.250km/lの記録で優勝するとともに、全クラス総合の最高記録を樹立したチームに与えられる“最優秀賞 本田宗一郎杯”を受賞しました。ニューチャレンジクラスは、中国から参加の「eLITE」が1741.695km/lの記録で優勝。昨年優勝の「矢板高校機械技術研究部OB」は、3位入賞となり、3連覇はなりませんでした。2人乗りクラスは、「長野高専 Eroica」が648.994km/lで優勝。市販車クラスは、「埼玉自動車大学校エコOB会」が375.058km/lの記録で優勝を獲得しました。

また、特別賞はグループVの大学・短大・高専・専門学校生クラスから「中央大学精研(株)まほろば製作所」が選ばれ、斬新なフォルム、美しいカラーリング、ユニークさといった総合的なデザインで高く評価され、デザイン賞が贈られました。新人賞には、グループTの中学生クラスから「信大附属長野中技術部 Mercury」とグループUの高校生クラスから「小千谷西高校」が選ばれ、賞が贈られました。残念ながらHonda エコ マイレッジ チャレンジ賞は選出されませんでしたが、参加者の創意工夫には目をみはるものがあり、第34回大会での記録更新に期待したいと思います。

全国大会リザルト

本田宗一郎杯 Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2013 第33回 全国大会 各グループリザルト

※本田技研工業株式会社ホームページ内 リリースページはこちら

各クラス優勝チーム

グループI (中学生クラス)

ゼッケン 11
チーム名 東京都市大付属中高自動車部中等部
記  録 908.373km/L

グループII (高校生クラス)

ゼッケン 221
チーム名 埼玉県立川口工業高校機械研究部A
記  録 1724.499km/L

グループIII (大学・短大・高専・専門学校生クラス)

ゼッケン 374
チーム名 KIT夢考房エコランプロジェクト
記  録 2416.344km/L

グループIV (一般クラス)

ゼッケン 404
チーム名 TEAM10xKUMAMOTO
記  録 2563.250km/L

ニューチャレンジクラス

ゼッケン 509
チーム名 eLITE
記  録 1741.695km/L

2人乗りクラス

ゼッケン 610
チーム名 長野高専 Eroica
記  録 648.994km/L

市販車クラス

ゼッケン 732
チーム名 埼玉自動車大学校エコOB会
記  録 375.058km/L

特別賞受賞チーム

最優秀賞 本田宗一郎杯

グループ グループIV
ゼッケン 404
チーム名 TEAM10xKUMAMOTO
記  録 2563.250km/L

デザイン賞

グループ グループIII
ゼッケン 316
チーム名 中央大学精研(株)まほろば製作所

新人賞

グループ グループI
ゼッケン 25
チーム名 信大附属長野中 技術部 Mercury
記  録 593.529km/L

新人賞

グループ グループII
ゼッケン 137
チーム名 小千谷西高校
記  録 356.984km/L
  • ページ上部へ戻る