⽝のワクチン接種はなぜ必要? 種類や時期、費⽤をご紹介

useful useful お役立ち情報 お役立ち情報 November.6.2020

犬の気管虚脱とは?

症状や予防方法について解説

犬がガーガーと苦しそうな呼吸や咳をしていたら、それは「気管虚脱」という病気かもしれません。特に小型犬や短頭種で発症しやすい病気で、自然治癒をすることはありません。今回は気管虚脱の症状や治療、予防方法について詳しく解説していきます。

気管虚脱とは
どのような病気なのか?

気管は口や鼻から吸いこんだ空気を肺に通すための管のことで、形は掃除機のホースを想像すると分かりやすいでしょう。この筒状の気管が、何らかの原因でゆがんだり、押しつぶされることで、呼吸がしづらくなる病気です。

気管虚脱の症状

以下のような症状が見られたら、気管虚脱の可能性が考えられます。
はじめは、乾いた咳をするようになります。さらに進行するとガーガーやグーグーという音を出しながら荒い呼吸をするようになり、気管がさらに押しつぶれると激しい運動をしていないのに、苦しそうな呼吸をするようになります。

症状が進行すると普段のお散歩だけでも苦しそうな呼吸になります。

これらの症状は徐々に悪化し、自然治癒をすることはないため、放っておくと呼吸困難など命に関わることがあります。愛犬が激しい運動をしたわけでもないのに、苦しそうにしている場合には、早めに病院へ連れて行くようにしましょう。

気管虚脱の原因とは?

気管虚脱の原因はトイ種の発症が多いことから遺伝によるものと考えられていますが、実は、はっきりとした原因は分かっていません。

気管虚脱になりやすい犬種

チワワ、マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャー・テリアなど「トイ種」と呼ばれる小型犬や、ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、パグ、シー・ズー、ボストン・テリア、などの「短頭種」に多く発症がみられるといわれています。
柴犬などの日本犬、ラブラドール・レトリーバーなどの大型犬にもみられることがあります。

気管虚脱の治療法とは?

症状が軽いときには経過観察となりますが、手術が必要なケースもあります。

気管虚脱であるかの検査は、レントゲンで気管の状態をみます。内視鏡など詳しい検査を行うこともありますが、麻酔によって呼吸困難になるなどのリスクもあるため、ほとんどはレントゲンによって診断されます。

気管の状態により、大きく2つの治療法があります。

投薬による治療

基本的に症状を軽減する対症療法となるため、咳がひどいときには咳止め薬を、呼吸困難が重度の場合には気管を拡張する内服薬を用います。しかし、気管を拡張させるための薬であり、気管の形が元通りになるわけではありません。そのために投薬を継続する必要があります。

外科治療

押しつぶれた気管を広げるために気管内に筒状のステントと言われる金属を入れ、気管の内側から広げます。もうひとつは光ファイバーを立体円筒形に造型したものを気管の周囲に設置し、気管を広げるという外科治療があります。

気管虚脱の予防法とは?

前述で気管虚脱の原因が分かっていないとお伝えしたように、原因が分からないため、決定的な予防方法や気を付けるべき年齢なども確立されていません。しかし、疑わしい原因からなるべく発症しないように心がけることは可能です。ここでは、代表的な4つの予防法を紹介します。

首輪のサイズ

サイズの合わない首輪によって首がしめつけられることで、気管を圧迫してしまう恐れがあります。首輪のサイズは、愛犬の首に取り付け、飼い主さんの人差し指と中指の2本がちょうど入るくらいに調整しましょう。苦しいのではないかと緩くしすぎると、散歩中に頭から首輪が抜けてしまうということもあるので、首が苦しくなく、頭からすっぽ抜けないか確認しましょう。

散歩にはハーネスを利用する

首輪のサイズを調整しても、散歩でぐいぐいとリードを引いてしまうと、同じく首に負担がかかり、気管を圧迫します。

リードを引っ張らないためのしつけも大切ですが、散歩をするときには、胴体を固定するハーネスを使うと首に負担がかかりません。

激しい運動や興奮を防ぐ

激しい運動をしたり、頻繁に興奮状態が続くようにしてしまったりすると、その分呼吸が荒くなり気管に負担がかかります。犬にとって運動は大切ですが、過度な運動は避け、遊びも休憩を取らせるように気にかけてあげてください。また、高温多湿も原因として疑われています。そのため、日頃の生活や運動する環境の気温や湿度にも気を配る必要があります。また、犬が興奮しないようにしつけることも大切です。「おすわり」や「待て」など、興奮してもしっかりとクールダウンするように習慣づけましょう。

肥満対策

太ってしまうことは愛犬の身体に大きな負担となり、首のまわりに余分な脂肪がつくと、喉を圧迫し、それが気管にも悪影響を与えるとも言われています。食べ過ぎて肥満にならないために、食事量は適量をあたえるようにし、毎日のお散歩、適度な運動で肥満対策をしましょう。運動は愛犬のストレス軽減にもつながりますので、心の健康にも役立ちます。また、冬場は犬も太りやすい傾向にあります。寒いからと散歩の時間や回数を減らさずに、毎日の散歩を習慣づけましょう。

「気管虚脱」の兆候を確認する前に

定期健康診断を受けさせよう!

気管虚脱は原因がはっきりとしていない病気であるため、残念ながら絶対に発症させないようにすることはできません。しかし、飼い主さんが毎日行うちょっとしたことで予防できるかもしれません。ちょっとした乾いた咳だからと見過ごさず、愛犬に少しでも異変がみられたら、躊躇することなく動物病院へ連れて行きましょう。見た目から判別することが難しく、何かしら症状が出てしまってから病院にかかることも多いのが現状です。気になる場合は定期的な健康診断でチェックし、早期発見することが大切です。愛犬の健康を保つためにも、定期的な検診を心がけましょう。

※このコンテンツは、2020年11月の情報をもとに作成しております。最新の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。