わんこにやさしいクルマ N-ONEわんこにやさしいクルマ N-ONE

わんこにやさしいクルマ

愛犬家目線で「N-BOX」を
じっくりチェック!

お出かけの際、わんこも快適に乗れる?
わんこの乗車スペースや乗り降りのしやすさなど、
愛犬家目線で「N-BOX」をチェックします。

今回チェックしたクルマ

タイプ
N‐BOX L
(コーディネートスタイル)(FF)
ボディーカラー
プレミアムアイボリー・
パールⅡ&ブラウン

※オプション装着車

このクルマの
詳しい情報はこちら

乗り降りのしやすさは?

大きく、高いスライドドアの開口と低床で、わんこといっしょの乗り降りもラクラク!

大きく開くスライドドアと低床でフラットなフロアは、わんこを抱っこ、またキャリーケースを持っての乗り降りもラクラクです。

わんこを後席に乗せるには?

わんこと一緒に、ゆったりくつろげる快適な後席空間!

座面の幅も奥行きもワイドで、座り心地のよいリアシート。
左右席で別々に最大19cmスライドすることができ、前席との距離や荷室長を調節できます。足もとやひざまわり、頭上にもゆとりがあるので、わんこと並んでゆったりくつろげます。

乗車例

後席片側にキャリーケース(小型)を載せられます。

後席床面にキャリーケース(小型)を置くことができます。

キャリーケース(中型)を載せる場合は、後席をはね上げるか、後席両側を倒してスペースを拡大し、床面に置いてください。

キャリーケース(大型)を載せる場合は、後席両側を倒してラゲッジスペースを拡大し、床面に置いてください。

Honda純正アクセサリー「ペットシートサークル」に対応。わんこも飼い主も、のびのび、快適に過ごせます。

Honda純正アクセサリー「ペットシートプラスわん」は助手席はもちろん、後席にも設置できます。

※ご注意:走行中は、わんこ、もしくはキャリーを確実に固定してください。

使用したキャリーケースのサイズ

  • キャリーケース(小型)

  • キャリーケース(中型)

  • キャリーケース(大型)

ラゲッジスペースの広さは?

床が低く、荷物の出し入れもラクラク!

4名乗車時

リアシートを前にずらした分だけ、荷物を置ける空間が拡大。4名乗車時も、キャリーケース(小型)をラゲッジスペースにゆったりと載せられます。

キャリーケース(小型)

使用したキャリーケースのサイズ

  • キャリーケース(小型)

※ご注意:走行中は、わんこ、もしくはキャリーを確実に固定してください。

3名乗車時

後席を片側だけ倒せば、わんこを後席に乗せつつ、カートを立ててすっきり収められます。おさんぽグッズやおもちゃなどもたっぷり積んで出かけられます。

カート

使用したカートのサイズ

  • カート(折りたたみ時)

※ご注意:走行中は、わんこ、もしくはキャリーを確実に固定してください。

2名乗車時

後席を両方倒せば、さらに広々ラゲッジスペースに。キャリーケース(大型)を縦はもちろん、横向きにも載せることができます。また、カートも寝かせてゆったりと載せられます。

キャリーケース(大型)

カート

使用したキャリーケース・カートのサイズ

  • キャリーケース(大型)

  • カート(折りたたみ時)

※ご注意:走行中は、わんこ、もしくはキャリーを確実に固定してください。

こんなところもうれしい!

地上からラゲッジスペース開口部のフロアまでの高さは約47cmの低床。カートなど重い荷物も高く持ち上げる必要がなく、出し入れラクラクです。

わんこを助手席に乗せるには?

純正アクセサリー「ペットシートプラスわん」に対応

わんこを助手席に乗せて一緒にドライブを楽しめるHonda純正アクセサリー、「ペットシートプラスわん」に対応。側面がメッシュになっているのでお互いの様子を確認しやすく、わんこもリラックスして乗車できます。

※ご注意:走行中は、わんこ、もしくはキャリーを確実に固定してください。

愛犬用純正アクセサリーも充実

ペットシートプラスわん

商品紹介ページへ

ペット車外飛び出し
防止リード

商品紹介ページへ

ペットシートサークル

商品紹介ページへ

ペットシートマット

商品紹介ページへ

  • *このコンテンツは、2021年1月に撮影を行ったものです。掲載の寸法は、すべてHonda Dog測定値です。
  • 走行中はわんこ、もしくはキャリーを確実に固定してください。