Hondaの人材多様性
Vision & Roadmap

Hondaは人材多様性のありたき姿を「多様な属性・価値観を持つ“個”が活き活きと輝くことで企業総合力の最大発揮をめざす」と描いています。実現に向けたロードマップを作り、女性活躍からスタートし全従業員を対象とした取り組みを進めています。

ありたき姿

全従業員に関わること

Hondaは基本理念である「人間尊重」に基づき、人種・国籍・文化・性別・性自認・性的指向・経歴・教育・障がいの有無などの属性に関わらず等しく機会を有し、異なる個性・持ち味を尊重し合い、存分に発揮することで企業としての総合力を高めることを目指しています。個々の違いをぶつけ合うコミュニケーションから真の信頼関係や新しい発想が生まれ、イノベーションへと繋がっていきます。そのためHondaの人材多様性は、少数派だけに対する支援ではなく全従業員に関わることと捉えています。

“人材多様性の進化”のロードマップ

Hondaフィロソフィーに基づき、人材多様性は”全員に関わること”としながら、2015年からの3年間を「意識醸成期」と位置づけ、 まずは日本の課題である女性活躍拡大を強力に推進してきました。2018年からは「進化・拡大期」として、女性から対象を拡げた取り組みをスタートしました。多様な人材をマネジメントする上司を対象とした「ダイバーシティマネジメント」、年齢の多様性として「ベテラン層の活躍拡大」、「障がい者のある方」、「LGBT」に取り組んでいます。また、働き方改革では従業員一人ひとりの意思を尊重し、働きがいを感じられる改革を進めていきます。併せて「仕事と育児・介護との両立支援制度」を拡充し、個々の従業員の置かれている状況に関わらず、パフォーマンスの最大発揮が可能となる「働き方の多様性」の実現に向け進めていきます。

風土・働き方改革 女性活躍拡大 全従業員への取り組み強化 意識醸成 制度・環境整備 キャリア形成支援 ダイバーシティマネジメントの推進 働き方改革 取り組みの加速 仕事と育児・介護の両立支援制度の拡充 ベテラン層の活躍機会の拡大 障がい者雇用への取り組み