異彩解放を 具現化する デザインとは?

異彩解放を具現化するデザインとは
  • パッケージ担当

    伊藤智広

  • エクステリアデザイン担当

    田村敬寿

  • カラー・マテリアル・フィニッシュ担当

    後藤千尋

  • インテリアデザイン担当

    上野大輝

異彩解放をそれぞれどのようにデザインしたのか。
その詳細について、新型SUVインテリア担当の上野、
エクステリア担当の田村、パッケージ担当の伊藤、
カラー・マテリアル・フィニッシュ(以下、CMF)担当の後藤
の4名に話を聞きました。

担当当初、どんな感想を持ちましたか?

上野 新型車開発のコンセプトづくりも含めて、本当に初期段階から関わる仕事は初めてでした。ゼロから新型車のインテリアデザインに携われることに、ワクワクしながら参加しました。

田村 数あるSUVデザインの中で、どう異彩を放つ姿を作り上げるのか? とてもチャレンジングな仕事でしたので、大きなやりがいを感じました。

伊藤 パッケージでは数値を前面に出すことが多いのですが、新型SUVでは感覚的な面を大切にしていました。『異彩解放』というグランドコンセプトのもと、いままでとは違うクルマをつくるという気概を持って仕事に取り組みました。

後藤 このチームに初めて加わったとき、それぞれの分野から熱量の高い人たちが集まったことがわかりました。デザイナーも設計の方たちも、みんなが熱い想いを抱いていました。

インタビュー写真

いままでのSUVとの違いはどこに?

伊藤 パッケージからお話しすると、効率の高さはHondaのSUVの特徴です。しかし、そうした効率よりも、もっとエモーショナルな部分を突きつめていきました。そして、数値的な室内の広さだけではなく、セダンライクな運転姿勢の快適性や、流麗なエクステリアを大切にしました。本当に必要な部分とそうでない部分の取捨選択を行い、常にメリハリをつけていくことを心がけました。

後藤 違いは、やはりパッケージ=クルマの骨格の部分が大きいと思います。そこからしっかりとこのクルマの新しい価値を作り上げています。パッケージとともにエクステリア、インテリア、CMFが全力で個性を表現できたと感じています。そのキーワードとして、グラマラス&エレガントを掲げ進めてきました。

上野 インテリアについては、伊藤が言ったように、セダンライクな運転姿勢です。従来のSUVはトラックのような、やや背中が立っている乗車姿勢でしたが、新型SUVはセダンがそのまま高くなったスタイルに。インテリアにも、SUVよりセダンやクーペに近いパーソナルな空間が求められました。

田村 エクステリアでは、シンプルな1つの球体のようなボディーを意識しました。何かをベースにしたのではなくて、単純にグリルから始まる球体が、全体をつくり上げていく。これまでとはまったく違う、「塊感(かたまりかん)」によるキャラクター表現がいちばんの大きな違いです。

インタビュー写真

デザイン面でのアピールポイントは?

伊藤 まず、クルマを見たときの心を揺さぶる佇まい。とにかく乗ってみたいと思わせることです。次に、美しい使い勝手です。たとえばラゲッジなら容量だけではなく、積み降ろしのしやすさや美しさも重視しました。さらに、意のままに操る愉しさです。先ほど話したセダンライクな乗車姿勢や、全方位視界などが含まれます。

田村 シンプルで強い塊感をベースにしながら、一目で流麗さを感じるグラマラスなプロポーションが大きな特徴です。艶のある色気とスポーティーさを併せ持つ佇まいを意識しました。また、相反するシャープな要素を埋め込むことで表現した、キレのある凛々しい表情も見どころです。

上野 まずはビシッとした水平・垂直とシンメトリーが感じられる骨太の「芯」を強く意識しました。具体的には、ドライバーに的確なインフォメーションを与えられる骨格です。つまり、運転を阻害することのないインテリアを構築する。それらをベースに色気を感じるセンターコンソールや、クラスを超えたインパネ表現などを、機能に基づくデザインとして展開させていきました。

後藤 上質で遊び心のあるCMFを目指し、それぞれテーマを決めて取り組みました。色気と知性を纏ったグラマラス&エレガントなカラー、遊び心のある洗練された素材、細部まで手の込んだ美しい仕立て。色・素材のコントラストや洋服でいうステッチの組み合わせなど、細部に至るまでこだわりを貫きました。

インタビュー写真

デザイナーとして最も伝えたいことは?

田村 このクルマは、これまでのSUVの姿に捉われない新しいデザインです。枠にはまらないキャラクターは、どんなシーンでも背中を押してくれる存在になります。自分の好きなことに、自由に使っていただきたいクルマです。

上野 シートに座ったときに、身体をつつみ込む快適な空間を実感できるはずです。そこから新しい自分を発見したり、次のステージに踏み出す活力、つまり後押ししてくれるような気分にさせてくれる。そんな高揚感こそが、新型SUVに乗ることの意義だと思います。

後藤 お気に入りになる服は、最初に見たとき「いいな!」と感じ、袖を通すと想像以上に良い着心地で、何回でも着たくなります。今回の新型SUVにも、それと同じような感覚を持っていただけると思います。ぜひ、実際に乗って味わっていただきたいです。

伊藤 新型SUVは、Hondaらしくないという印象を持たれるかもしれません。でも、このセダンライクな走りの愉しさには、紛れもないHondaのDNAが流れています。実は、いちばんHondaらしいSUVなのです。皆さんには、それをぜひ感じとっていただけたらと思います。

インタビュー写真
インタビュー写真
インタビュー写真
インタビュー写真
インタビュー写真

Profile

上野大輝

インテリアデザイン担当

上野 大輝(ウエノ ダイキ)

本田技術研究所 デザインセンター アドバンスデザイン室 FVCスタジオ所属。新型SUVの開発では運転しやすい骨格に基づいた、パーソナルなインテリア空間を追求。

田村敬寿

エクステリアデザイン担当

田村 敬寿(タムラ ヒロトシ)

本田技術研究所 デザインセンター オートモービルデザイン開発室 プロダクトデザインスタジオ所属。新型SUVの流麗で艶やかなフォルムをデザイン。

後藤千尋

カラー・マテリアル・フィニッシュ担当

後藤 千尋(ゴトウ チヒロ)

本田技術研究所 デザインセンター e-モビリティデザイン開発室 e-UXデザインスタジオ CMF所属。新型SUVの持つ、洗練された「Color, Material, Finishing」のデザイン・コーディネートを担当。

伊藤智広

パッケージ担当

伊藤 智広(イトウ トモヒロ)

本田技術研究所 デザインセンター e-モビリティデザイン開発室 e-UXデザインスタジオ VAP所属。新型SUVでは 『異彩解放』を具現化するパッケージングを担当。

top

この記事は面白かったですか?

  • そう思う
  • どちらともいえない
  • そう思わない

今後の改善の参考にさせていただきます!