スライド on/off ボタン スライド on/off ボタン

PAGE 9/23

山岸 設計さんも、テスト屋さんもね。
由良 船外機って、まさしく機能が形になったもの。機能にぎりぎり薄絹をまとったぐらいじゃないですか。初めて来た新人は、エンジニアたちとディスカッションすると「何言ってんだ、知らないくせに!」みたいな話がありそうですから、そこを乗り越えていくのが大変だったでしょう。
磯野 今となっては「ああ、生意気言ってたな」って思います(苦笑)。
今回のBF250の最大の特徴はエンジンカバーの上部にある吸気パーツなんです。

機能やコストのことを考えると吸気パーツについているクロームのパーツはエンジニア達からすれば必要のないものなんですよね。
なのであのパーツは何度も外されそうになったのですが、BFシリーズのフラッグシップモデルとしてのスピードとパワーをユーザーに感じて欲しいという強い想いがあったので、すごく大変でしたが乗り越えていきました。
これがないとポッカリと黒い穴が開くだけですから。
由良 船外機も、このクラスを単体で屋内で見ると、こんなに巨大なのか、というぐらい大きいですよね。