MENU
HONDA
検索

SuperCub 60th Anniversary

YOU MEET THE NICEST PEOPLE ON A HONDA

素晴らしい人生はカブに乗ってやってくる。
いつでも、どこでも、誰にでも。

scroll

ナイセストピープルキャンペーンとは

カブ60thアニバーサリーモデルは1960年代のアメリカで大ヒットしたスーパーカブCA100がモチーフとなっています。
このCA100を多くの人に知ってもらうきっかけになったのがナイセストピープルキャンペーン。このキャンペーンはアメリカで“バイクは日常の暮らしに密着した手軽な乗り物である”という新たな価値を生み出しました。

STORY

1960年代のアメリカのバイク市場は大型が主流であり、バイクは粗暴なイメージで一般市民とは縁遠いものでした。
そこでHondaは、すでに日本では庶民の足として広まっていたスーパーカブC100をベースとしたCA100をアメリカで販売し、“素晴らしき人々ホンダに乗る”というキャッチコピーと愛らしいイラストをナイセストピープルキャンペーンと銘打ってアメリカで広告を展開。

当時日本の2輪メーカーがアメリカで大々的に広告キャンペーンを行うのは前代未聞でしたが、これをきっかけにCA100が大ヒットしただけでなく、アメリカ人のバイクに対する価値観やイメージまでも大きく変えることとなりました。
小さくて親しみのあるCA100とナイセストピープルキャンペーンをきっかけに、さまざまなライフスタイルをもつ人々の、生活に寄り添った身近な乗り物としてHondaのバイクは世の中に親しまれていったのです。

(画像は当時のキャンペーン広告)

YOU MEET THE NICEST PEOPLE ON A HONDA
“素晴らしき人々ホンダに乗る”

これからも、世界中の人々の生活に寄り添うパーソナルモビリティを。

※ 掲載している「NICEST PEOPLE」のイラストは、1963 年当時のアメリカでの広告を再現したものです。
バイクを運転する際は、正しい乗車方法で、運転に適した装備、服装で運転してください。

  • Facebook
  • Twitter

supercub_street

designers_meeting/

トップへ戻る

Honda Designに関する
ご意見・ご感想をお聞かせください。

Honda Designをご覧いただきありがとうございます。
よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。

アンケート回答ページへ