MENU

HONDA

検索

N-WGN
Design Story

N-WGN Design Story

デザインするのはクルマではなく、
「お客さまが笑顔になるシーン」

N-WGNは、暮らしの中の“なにげないシーンが幸せ“と感じられるようなクルマです。「お客さまの、こんな笑顔が生れたらいいな、楽しいシーンが生まれたら嬉しいな」という想いを描き、コンセプトにしました。

N-WGN Design Story

デザインするのはクルマではなく、「お客さまが笑顔になるシーン」

N-WGNは、暮らしの中の“なにげないシーンが幸せ“と感じられるようなクルマです。「お客さまの、こんな笑顔が生れたらいいな、楽しいシーンが生まれたら嬉しいな」という想いを描き、コンセプトにしました。

N-WGN Design Story

Passion

こだわり

笑顔になる気持ちを描く

笑顔になる気持ちを描く
お客さまと暮らしのシーンを想像し、このクルマを通してお客さまの毎日の暮らしが笑顔になるにはどうすれば良いのだろう?と考えました。それはクルマのカタチから描くのではなく、クルマを使った様々な暮らしのシーンをマンガにすることからスタートしました。そのシーンの気持ちってどんな気持ちなんだろう?と想うことで、より大切なところが見えます。これらのマンガは開発メンバーが共感する ‘道しるべ’ になりました。

気持ちにゆとりができるドライビングポジション

気持ちにゆとりができる
ドライビングポジション
毎日使うクルマだからこそ、ごく自然な感覚で運転できる事が大切だと思います。運転に関わるすべての要素を見直し、体格・年齢・性別を問わず、更に安全で快適な運転姿勢を取れるようにしました。運転中の気持ちも楽になり、新しい風景に気付いたり、ちょっと遠くまで行きたくなる、そんなクルマをつくりました。

気楽に便利に使える荷室

気楽に便利に使える荷室
日々の生活では、いろいろなモノを積み降ろしします。時に汚れ物の仕分け・積み分けもしたいですよね。そこで、荷室も‘いろいろな積み方が出来る’ようにすれば、より気軽に便利に使いやすくなると考え、床は低く、もちろん広く、更に上下に積み分けられるようにしました。「楽」に積めるから、買い物も「楽しく」なる、そんな荷室の空間とアレンジをかたちにしました。

長く愛されるボディデザイン

長く愛される
ボディデザイン
人を包み込むような頼もしいボディバランス。全体のシルエットにこだわり、純粋でシンプルなデザインにしました。それは、機能の調和のみならず、四季の映り込みまでも徹底的に吟味したボディ造形です。触れてみたくなる、そして長く愛されるクルマを目指しました。

私の気持ちに寄り添ボディーカラー

私の気持ちに寄り添う
ボディーカラー
「元気な時も、そうでない時も…そっと私に寄り添ってくれる」そんな色をつくりました。新色のボディカラー 「ホライズンシーブルー・パール」は、そんな優しくて穏やかな色です。その色味は、パッと見の派手さや奇抜さはありませんが、いつでも私の気持ちに自然に溶け込んでくれます。この車ならではの形にもマッチし、親しみやすさと質感の高さを兼ね備えた色合いに仕上げました。

装飾を加えず、手間を加える

装飾を加えず、
手間を加える
さりげない華やかさを大切にしました。飾り立てるのではなく、細部の一つ一つを丁寧に造り上げました。そのこだわりが新しいN-WGNカスタムの価値でもあります。

Design
Process

Design Process

illustration(THE NICEST PEOPLE)

illustration(THE NICEST PEOPLE)

packaging check

packaging check

clay modeling (int)

clay modeling (int)

clay modeling (ext)

clay modeling (ext)

fabric check

fabric check

aerodynamics test

aerodynamics test

Designers

Designers

  • SHARE
  • Facebook
  • Twitter

Honda Designに関する
ご意見・ご感想をお聞かせください。

Honda Designをご覧いただきありがとうございます。
よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。

アンケート回答ページへ