MENU

HONDA

検索
GROW UP

女性のキャリアステップ

土屋 宏実 TSUCHIYA HIROMI

キャリア年表

  1. 入社1年目
    事務職で入社
  2. 入社4年目
    事務職から営業職へキャリアチェンジ
    1. ホンダフレッシュサークル※世界大会出場
    2. 全国優秀スタッフ表彰 4回
    3. 生涯販売台数 シルバープライズ(1,500台)表彰
  3. 入社25年目
    店長に就任
    1. 本社の販売部で女性活躍推進プロジェクトに携わる
    2. 店長に再就任

※ ホンダフレッシュサークルとは、スタッフ一人ひとりの個性を活かし、明るく生きがいのある職場を自主的につくりあげていくためのHondaの小集団活動です。

営業時代の目標は“一番はなやかな商談テーブル”

はじめは業務スタッフとして入社したのですが、入社して4年経ったころに、会社から「営業スタッフになってほしい」という要請があったんです。県内のHonda Cars初の女性営業の一人として白羽の矢が立ち、営業職へ転換することになりました。当時は今よりも、男性営業の方が優位な時代でした。そこで心がけたのが、どの商談テーブルよりも一番明るい雰囲気で商談をすること。雑談で場を盛り上げながらお客様のニーズを探し、それに合ったクルマをご提案していました。「私から買わなきゃ損ですよ」と言えるくらいの勢いで、足りない知識を補いながら努力していましたね。

スタッフにとって最良のプロセスを考えていく

営業として働いていく中で、販売台数などの目標がどんどん出てきて、向上心が生まれていきました。ホンダフレッシュサークルの活動でも、自分のスキルを高める方法を見つけられたように思います。店長になってからは、お店のスタッフ一人ひとりにとって一番良いプロセスを導きだし、結果を出してあげることが仕事となりました。全員に同じ指示を出しても結果に差が出てしまうことがあるので、個々に合ったやり方で育てていくことが大切です。仕事は人生の中でも大部分を占めるので、そこで良い結果を出せるとうれしいですからね。難しいですが、同時に面白くもある仕事だと感じています。

女性スタッフのスキル成長を支える環境づくりを

ライフイベントと仕事の関わりは、女性が働きつづける上で気になる部分だと思います。近年はフレックス制度や時短勤務制度が整っているので、女性スタッフの職場復帰率も非常に高くなっています。私が理想としているのは、そうして復帰した女性が、もっと活躍できるようになることです。復帰者に配慮をしすぎてスキルアップの機会を与えないのではなく、難易度の高い業務にチャレンジできる環境をつくること。そうして長く活躍できる人材を生み出し、キャリアアップしていってほしいと思っています。

  1. ホーム
  2. Honda Cars WOMAN
  3. 女性のキャリアステップ