MENU

HONDA

検索

Honda World Skills Contest 2019 Honda World Skills Contestについて

ABOUT Honda World Skills Contestとは?

自動車の安心と安全を支える販売店サービススタッフの世界一を競う大会
2019年5月29日に「Honda World Skills Contest 2019」をパシフィコ横浜で開催しました。
全世界の約75,000人のHonda・Acura販売店サービススタッフのうち、各国・地域大会を勝ち抜いた26人のファイナリストが参加し、エンジン点検と車両診断の2つの競技を通じて技術を競い合いました。

競技概要

競技1部品競技

競技概要

競技時間:
45分
競技内容:
エンジンの点検
競技方法:
時間内でエンジンの点検を行い、
不具合箇所を特定する

審査基準

  • ・エンジンの取り扱い
  • ・3S(整理・整頓・清掃)
  • ・作業の速さ
  • ・工具・機器の取り扱い

競技2車両競技

競技概要

競技時間:
60分間
競技内容:
車両診断
競技方法:
車両に起きている故障をサービスマニュアル、
診断機、及びテスター等を使用し、
故障箇所を特定し、修理する

審査基準

  • ・車両の取り扱い
  • ・3S(整理・整頓・清掃)
  • ・症状を確認できているか
  • ・診断の速さと正確な作業
  • ・修理の結果が正しいか

表彰基準:
競技1と競技2の総合点数で
上位3名を表彰する

INTERVIEW 日本人選手 出場者インタビュー

実力を出し切っての世界2位。
本音を言えば優勝したかった!

藤田 祐也さん

「Exceed barriers of the world(世界の壁を越える)」という目標を掲げて臨んだ世界大会。2位という結果を光栄に思うと同時に、やはり悔しさも当然あります。本音を言えば、優勝したかった。世界の壁は想像以上に高かったですね。ただ、競技自体は楽しめましたし、デキも良く、自分の実力を出し切れたので悔いはありません。こんなに素晴らしい舞台を用意してくれたHondaはもちろん、最大限のサポートをしてくれた周囲の人たち、そして一緒に参加した日本チームの仲間たちには、感謝の思いでいっぱいです。私自身はこれが最後の技術コンクール出場となりますが、全国大会から世界大会という道のりの中で得た貴重な経験を、これからは少しでも多くの後輩たちに伝えていきたいと思っています。

初志貫徹をモットーに、
やり切ったからこそのメダル獲得!

岡崎 秀紀さん

世界大会では、ここに至るまでの過程も含めて、普段は絶対に味わえないような感動や体験をさせてもらいました。一緒に出場した日本チームのメンバーは、非常に優秀な整備士ばかりでしたから、勉強会などで顔を合わせるたびに大きな刺激をもらいましたね。海外の選手も、やはり各国の代表だけあって実力派揃い。「日本に来るからには」という意気込みで、今大会のための勉強にかなりの時間を費やしてきたと聞きました。そんな中での3位ですからね。初志貫徹をモットーに、最後まで諦めずにやり抜いてきたからこそのメダル獲得だと思っています。これからは、世界大会という大舞台で得た経験を普段の仕事はもちろん、今後の人生にも活かしていきたいです。

国や地域が違っても、
Honda車への愛情は世界共通!

川村 亮介さん

私にとって初めての全国大会、そして世界大会出場。すべてが思い通りにいったわけではありませんが、目標だった「全力を尽くす」ことはできたので満足しています。日本チームや各国の選手など、普段は会うことのない人たちとの交流の中で、受けた刺激も大きかったですね。仕事への意識、考え方、作業中の動き、使う工具にいたるまで、販売会社や国、地域によってそれぞれ違う。それでもクルマが好き、Honda車が大好きという気持ちだけは共通なんです。そういった様々な気づきがあったことも素晴らしい経験でした。これからは、この大会で得た感動を私自身が発信していくことで、多くの人に整備士という仕事の魅力を知ってもらいたいと思っています。

目標に向かっていく姿勢や、
必死に頑張ることの大切さを学んだ!

金安 佑太さん

世界大会での自分に点数をつけるなら、70点くらいでしょうか。良かったと思うのは、出場権を獲得してから当日までを、非常に密度の濃い時間にできたこと。日本から出場する4人の選手が結束して、トレーナーのもとで猛練習してきたんです。本番ではどんな競技課題が出るか、どんなところが審査のポイントになるか、あらゆることを想定して、みんなで頑張ってきました。大会当日は少し緊張してしまい、練習通りにできなかったところはありますが、本当に貴重な経験をさせていただいたと思います。目標に向かっていく姿勢や必死に頑張ることの大切さ、スキルや知識を高めていく方法など、様々なことを学べたので、この経験をしっかりと今後の仕事にもつなげていきたいですね。