MENU

HONDA

検索

PROFESSIONAL INTERVIEW

常に想定外を考えて
現場をサポート。
経験豊富な頼れる工場長。

2002年入社

梁川 隆広

TAKAHIRO YANAGAWA

優しさと厳しさを併せ持ち、若いスタッフからの人望も厚い大ベテラン。サービススタッフとして現場を経験した後、サービスフロントを経て工場長へ。常に現場のことを全体的に、あるいはスタッフ一人ひとりのことを考えた「働く環境づくり」、その手腕はHonda社内で表彰を受けるほど。

INTERVIEW MOVIE

一方的な指導にならぬよう、
一緒に考えながら教える
というスタイル。

営業スタッフとサービススタッフの間のクッション役、それが工場長のポジションです。売上管理や仕事量の調整、整備作業の工程管理など実務も多いのですが、サービススタッフ一人ひとりがスムーズに作業に取り組めているか、気持ちよく仕事ができているかなど、働きやすい環境を整えていくことも大きな役割だと思っています。
実際に日々の整備作業の中では、想定外のことが発生することも少なくありません。作業が遅れているスタッフがいれば他のスタッフにサポートを頼んだり、行き詰った顔をしたスタッフがいれば声をかけてあげたり。特に新人のスタッフは覚えることが多いので、できるだけ一方的な指導にならないように、一緒に考えながら答えを導いていくようなサポートを心がけています。

全力で支えていくという想い。
臆することなく
飛び込んできてほしい。

工場長になりたいと思ったキッカケは、憧れの先輩がいたからです。とても明るく、リーダーシップのある工場長で、いつも現場を盛り上げてくれる人でした。「私もこんな存在になれたらいいな」と思ったのが入社5年目くらい。そして9年目でサービスフロントになり、そこから4~5年フロント業務を務めた後、工場長になりました。
振り返ってみると、会社のサポートはもちろん、たくさんの先輩や上司が支えてくれたからこそ、ここまでくることができたと思います。入社してプロの現場に初めて立ち、先輩たちの技術力の高さを目の当たりにした時は、「とてもじゃないけど自分にはできない」と感じたことを今でも覚えています。そんな私が今では工場長ですからね(笑)。
これからサービススタッフになる皆さんも、今は様々な不安があると思いますが、私たちが全力で支えていきますので、臆することなく飛び込んできてください。一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。