MENU

HONDA

検索

PROFESSIONAL INTERVIEW

Honda Carsを支える若いチカラ。
成長著しい2人の逸材。

2015年入社

林 良樹

YOSHIKI HAYASHI

2016年入社

栗脇 姫奈

KINA KURIWAKI

同じHonda販売会社に勤務し、同じサービスピットでコンビを組む2人の逸材。共にポジティブかつ真面目な性格で、Hondaが求めるサービススタッフの理想像。まさに今、大きく成長を遂げる若いチカラとして、上司や先輩からの期待も大きい。

INTERVIEW MOVIE

Hondaの看板を
背負うという責任感。
信頼してくれるお客様のために。 林 良樹

入社して数年、今は車検や点検がメインの作業ですが、部品交換などの一般整備を任せてもらう機会も増えてきて、様々なことにチャレンジさせてもらっています。
できなかったことができるようになり、自分の成長を日々感じることができるのが、この仕事のやりがいのひとつ。入社したばかりの頃は、先輩たちの仕事の早さ、例えば時間内にキッチリと作業を終わらせる姿を見て「さすがだな!」と驚くばかりでした。でも、そんな自分も様々な経験を積んだことで、同じ作業をやるにしても入社当時とは全くスピードが違います。実践を通して現場で身につけたことは、それだけ大きいのだと感じています。
故障してしまったクルマを、何が原因か探し出し、自分の手で直す。そしてお客様に感謝される。それもまた、この仕事のやりがいです。お客様に「ありがとう」と言われた時の達成感は、何物にも代えられません。Hondaを好きになってくれて、我々Hondaディーラーを信頼してくれたからこそ出会えたお客様ですからね。Hondaの看板を背負っている責任を忘れずに、これからも気を引き締めて仕事に取り組んでいきたいと思います。

女性も男性も関係ない。
楽しく働き、一流を目指せる仕事。 栗脇 姫奈

母がクルマ好きで、その影響でよくカーイベントに連れて行ってもらっていたんです。「こんなカッコイイものがあるんだ!」と、すぐにクルマの素晴らしさに魅せられました。中学生の頃ですね。それからは、ずっと自動車整備士になるのが夢でした。
数ある自動車メーカーの中からHondaを選んだのは、学生時代に職場体験で行った工場で、プロの整備士の方の「Honda車を整備できたら一人前」というお話に強く感銘を受けたからです。「だったら私も完璧な整備士になりたい!」と思い、進路をHondaディーラー一本に絞りました。
入社前は体力が続くのか、重いものは持てるのかと心配ばかりでしたが、いざ現場に出てみると、けっこう大丈夫でしたね(笑)。女性だからできないという作業はありませんし、狭いところに手が入っていく分、やりやすいと感じるくらいです。もちろん、Honda車ならではの整備作業の難しさはありますが、それは男性も女性も同じこと。女性でも楽しく働けますし、一流を目指せる職業だと思います。