MENU

HONDA

検索

PROFESSIONAL FAQ プロフェッショナルFAQ

キツいイメージの自動車整備の仕事。実際のところはどうなんですか?

一日中イスに座って作業する仕事ではないので、ラクでないことは確かですね。ただ、休憩を挟みながらの作業となりますので、体力が持たないところまで追い込まれることはありません。残業も忙しい時期は多少ありますが、よくニュースで話題となっているような長時間残業はないですよ(笑)。休みもきちんと取れますし、イメージしているほどのキツさはないので安心して良いと思います。

サービスピットの環境は?

オイルなどが付きやすいサービスピットだからこそ、毎日スタッフ全員で掃除をしています。なにより、お客様にサービスピットを見られることもありますし、お客様のおクルマをキレイにしてお返しするのが私たちの仕事ですから、常に清潔な環境をキープするように心がけています。また、暑さや寒さの対策、安全面も十分に配慮されているので、仕事に集中できる環境が整っていると思います。

お客様とお話をするのは難しくないですか?

勤務する販売会社の方針にもよると思いますが、サービススタッフもお客様とお話をする機会が少なくありません。実際に点検・整備作業を担当したスタッフが、その内容をお客様に直接伝えた方が、分かりやすいからだと思います。私も入社した当時は自信がなく、なかなかうまくできませんでしたが、上司や先輩の指導、会社の研修などで上達していきました。慣れてくると楽しくなってきますよ。お客様の反応を直に感じることができるので、やりがいにもなりますね。

専門学校で学んだことと、プロの現場の違いは?

専門学校で学ぶのは、あくまでもサービススタッフになるための基礎中の基礎。プロの現場は求められるレベルが違います。例えばスピード、精度、手際の良さ。学校で身につけたスキルとは比べ物になりません。もちろん学校での勉強が無駄だったかといえば、まったくそんなことはないです。学校で学んだ基礎を応用しながら、現場で腕を磨いていくというのが、この世界で成長するために大切なことだと思います。

Honda車を整備するのは難しいというのは本当ですか?

ハッキリ言って本当です(笑)。 Honda SENSINGをはじめ、新しい技術がどんどん入ってきていますし、これらの技術を知れば知るほどHondaが持つ奥深さを思い知らされますね。ただ、この難しさこそが、我々サービススタッフの意欲を掻き立ててくれるんです。分からなかったことが分かった瞬間、「これだったのか!!」と鳥肌が立つこともありますよ。