MENU

HONDA

検索

Intercontinental GT Challenge
Round01
オーストラリアバサースト12時間

2020年2月2日(日)

マウント・パノラマ・サーキット

バサースト12時間

バサースト12時間初出場のTeam Honda Racingが
決勝で速さをみせる

NSX GT3 Evoが今年初めてインターコンチネンタルGTチャレンジに開幕戦から参戦し、バサースト12時間の4万3000人の観客に姿を見せました。Team Honda Racingは電気系トラブルによりバサースト12時間を完走することはできませんでしたが、十分な速さをみせ、インターコンチネンタルGTチャレンジの残りのレースでの活躍を予感させました。

Team Honda Racingで唯一バサースト12時間出場経験があるレンジャー・ファン・デル・ザンデは予選で、クラッシュした他車のドライバーを救助し大きな印象を残しました。レッドフラッグが多く振られた予選を、ファン・デル・ザンデはトップ10から0.6秒差の24番手でフィニッシュしました。最初はトップから3秒差をつけられていたTeam Honda Racingですが、最終的にはトップグループと互角の速さをみせました。

日曜の日の出前に決勝がスタート。デーン・キャメロンがスターティングドライバーを務め、16番手にポジションを上げると、最初のピットストップまでに13番手まで上がりました。Team Honda Racingはここまでのファステストラップを記録し、最初の6時間は他車より0.3秒早いタイムでした。

スタートから2時間目にはマシントラブルが発覚してピットストップ。4周遅れで2番目のドライバー、マリオ・ファーンバッハーがコースに出ました。3人のドライバーがその後の7時間でばん回を計り、21番手までポジションを上げますが、上り坂を走行中に電気系トラブルが発覚してリタイアとなりました。完走は果たせませんでしたが、有益なデータを収集することができました。

インターコンチネンタルGTチャレンジの第2戦は、7月25~26日に開催されるスパ24時間です。昨年のスパ24時間では、NSX GT3 Evoが6位でフィニッシュしました。

コメント

レンジャー・ファン・デル・ザンデ | Team Honda Racing
レンジャー・ファン・デル・ザンデ「充実したレースウイークでした。このマシンで初めて走るサーキットで、マシンについての習熟を深めました。マシンのバランスはよく、決勝に向けた準備も万全でした。気温が低い朝は速いペースで走れましたが、気温が上がってくると思い通りにはいきませんでした。マシントラブルで望むような結果は得られませんでしたが、スパでは間違いなくいい走りができると思います」

マリオ・ファーンバッハー | Team Honda Racing
「望むような結果は得られませんでしたが、このレースウイークで多くのことを学びました。デーン(・キャメロン)と僕、そしてマシンがこのサーキットで走るのは初めてでした。不利な状態からスタートし、レースウイークが進むにつれてペースを上げていく必要があると思っていました。予選では運がありませんでしたが、決勝では電気系のトラブルが発覚するまではいいペースでした。このレースで学んだことを第2戦以降で活かしていきます」

デーン・キャメロン | Team Honda Racing
デーン・キャメロン「いい結果が出せる可能性があっただけに、それが果たせず残念です。最初の数スティントはいいペースでしたし、NSX GT3 Evoはバランスが取れていました。ほかのチームのマシンのように、このサーキットを走った経験がなく難しかったですが、チームがいい仕事をしてくれてレースを楽しめました。勝つのに十分なペースがあったので、また来年この場所に戻り、いい結果を残したいです」

アレッサンドロ・マリアーニ | Team Honda Racing チーム代表
「バサーストは世界の中でも難しいサーキットです。チーム、マシン、2人のドライバーは初めてこのサーキットで走るので、簡単にはいかないと思っていましたが、決勝序盤に向かってペースを上げていくことができました。マシンはベストな状態でした。レンジャー(・ファン・デル・ザンデ)はこのサーキットでの経験があり、チームに大きな貢献を果たしてくれました。また予選では、すばらしいスポーツマンシップをみせました。デーンは最初のスティントでいい仕事をし、このマシンが決勝で競争力ある戦いができることを証明しました。最初のマシントラブルが発覚するまで、我々は表彰台を争うチームよりもいいポジションにいました。決勝をいいペースで走れたので、次戦のスパに向けて自信を深めることができました」

リザルト

順位 No. チーム マシン 周回数
1 7 Bentley Team M-Sport Bentley Continental GT3 314Laps
2 60 59Racing/ EMA Racing McLaren 720S GT3 314Laps
3 888 Mercedes-AMG Team Triple Eight Mercedes AMG GT3 314Laps
4 911 Absolute Racing Porsche GT3 R 314Laps
5 77 Mercedes-AMG Craft-Bamboo Mercedes AMG GT3 314Laps
6 999 Mercedes-AMG GruppeM Racing Mercedes AMG GT3 314Laps
         
NC 30 Team Honda Racing Acura / Honda NSX GT3 184Laps

フォトギャラリー

モータースポーツ >  Honda Racing Customer Program >  インターコンチネンタルGTチャレンジ(IGTC) 開幕戦 バサースト12時間 決勝

ニュース