MENU

HONDA

検索

家族みんなのHonda防災ノート

台風・大雨

3. 台風・大雨の対処法

  • 1 基礎知識
  • 2 事前対策
  • 3 対処法
台風・大雨の防災

家の中にいたら

  • 雨戸やシャッターを閉めよう。
  • ラジオやテレビ、インターネットなどで、最新の気象ニュースや災害情報をチェックしよう。
  • いつでも避難できるように雨具や非常用品などの準備をしておこう。
  • ときどき屋外の様子を見て、浸水などの危険がないかを確認しよう。
  • 浸水に備えて生活用品や家財道具を高い場所に移動しよう。
  • 自治体などから避難勧告や指示が出されたら、すみやかに避難しよう。
ワンポイントアドバイス
地下室は、「浸水しやすい」「停電しやすい」「外の様子がわかりにくい」など、水害に弱い空間です。台風・大雨時は、なるべく地下室の利用は避けましょう。

外出していたら

  • 局地的豪雨があった場合、浸水の危険性が高い地下街や地下空間への避難は避けよう。
  • 雨や風がおさまっても、河川やがけの近くなど、水害や土砂災害の危険がある場所に近づかないようにしよう。
  • クルマを運転中の場合は、アンダーパスや地下道路の通行はなるべく控えよう。
局地的豪雨があった場合、浸水の危険性が高い地下街や地下空間への避難は避けよう。
ワンポイントアドバイス
局地的豪雨の場合はあわてて行動せず、安全な場所でしばらく様子を見ましょう。

ここに注意!土砂災害の前ぶれ

土石流
  • 山鳴りやドーンという音がする。
  • 河川の水位が急に下がる。
  • 河川の水が濁ったり、流れに流木が混ざり始める。
地すべり
  • 沢や井戸水が濁る。
  • 地面にひび割れができる。
  • 地面に陥没や隆起が起こる。
がけ崩れ
  • がけから流れる水が濁る。
  • 小石がぱらぱらと落ちてくる。
  • 斜面に裂け目ができる。
ワンポイントアドバイス
土砂災害は雨がやんだ後も発生する可能性があります。雨の量に関わらず、周辺の様子がいつもと違うと感じたら、すぐに避難するようにしましょう。
台風の防災
家族みんなでチャレンジ 防災確認テスト 今すぐチャレンジ
わが家の防災対策
チェック&トライ
  • 家族の防災6つのルール
  • 非常用品チェックリスト
  • 日頃の心がまえ
災害別の防災ノート
  • 地震の防災
  • 台風・大雨の防災
  • 豪雪の防災
  • 竜巻の防災
  • 落雷の防災
災害時に役立つHonda製品
詳しくはこちら
家族みんなのHonda防災ノートモバイル
QRコードからアクセス!

携帯電話からも、家族みんなのHonda防災ノートのコンテンツの一部を、ご覧いただけます。

家族みんなのHonda防災ノートモバイルQRコード

http://dream.honda.co.jp/bosai/