MENU

HONDA

検索

家族みんなのHonda防災ノート

落雷

2. 落雷の事前対策

  • 1 基礎知識
  • 2 事前対策
  • 3 対処法

 事前の対策で被害を小さくおさえましょう。

落雷の防災

普段の対策

  • 停電に備えて、懐中電灯や予備の電池、発電機等を準備しておくとよいでしょう。
  • 夏など雷の多い季節に、山やゴルフ場などへ出かける際は、あらかじめ現地の天気予報を調べておくよう心がけましょう。
  • 普段から使わない家電類の電源プラグは、なるべくコンセントから抜いておくようにするとよいでしょう。
  • 雷ブロック機能付きの電源タップなど、落雷防止機器を使ってみるのもよいでしょう。(※ただし、落雷による電流は強力なため、このような機器でも被害を100%防ぐことはできません)
  • パソコンでのデータ作成時は、なるべくこまめにデータ保存をする習慣をつけておくとよいでしょう。
停電に備えて、懐中電灯や予備の電池、発電機等を準備しておくとよいでしょう。
停電時の備えにHonda発電機 詳しくはこちら

ここに注意!雷が落ちる前ぶれ

もくもくとした入道雲が近づいてくる。
発達した積乱雲は電気を帯びている場合が多く、落雷をもたらす可能性があります。
かすかに雷鳴が聞こえる。
雷鳴が聞こえるのはおよそ半径10kmの範囲で、ほぼその範囲内に雷が落ちる可能性があるといわれています。
ラジオ(AM)に雑音が入る。
AMラジオは、約50km離れた雷からの電波雑音をキャッチすることができるといわれています。
大粒の雨や雹(ひょう)が降ってくる。
発達した積乱雲が近づいてくる時、雨や雹(ひょう)よりも先に突然雷が落ちてくる場合もあるので注意しましょう。
落雷の防災
家族みんなでチャレンジ 防災確認テスト 今すぐチャレンジ
わが家の防災対策
チェック&トライ
  • 家族の防災6つのルール
  • 非常用品チェックリスト
  • 日頃の心がまえ
災害別の防災ノート
  • 地震の防災
  • 台風・大雨の防災
  • 豪雪の防災
  • 竜巻の防災
  • 落雷の防災
災害時に役立つHonda製品
詳しくはこちら
家族みんなのHonda防災ノートモバイル
QRコードからアクセス!

携帯電話からも、家族みんなのHonda防災ノートのコンテンツの一部を、ご覧いただけます。

家族みんなのHonda防災ノートモバイルQRコード

http://dream.honda.co.jp/bosai/