MENU

HONDA

検索

家族みんなのHonda防災ノート

地震

1. 地震の基礎知識

  • 1 基礎知識
  • 2 事前対策
  • 3 対処法

 地震は、いつどこで起こるかわかりません。日頃からしっかり防災準備をしておきましょう。

地震の防災

震度と揺れ

 震度5弱以上の地震が予測されると、強い揺れが来る直前に「緊急地震速報」が発表されます。普段から地震に備え、いざという時の行動を考えておきましょう。

震度 体感 室内の状況 室外の状況
0 人は揺れを感じないが、地震計には記録される
1 屋内で静かにしている人の中には、わずかに揺れを感じる人がいる
2 屋内で静かにしている人の大半が、揺れを感じる
眠っている人の中には、目を覚ます人もいる
電灯などの吊り下げ物が、わずかに揺れる
3 屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる
歩いている人の中には、揺れを感じる人もいる
眠っている人の大半が、目を覚ます
棚にある食器類が音を立てることがある 電線が少し揺れる
4 ほとんどの人が驚く
歩いている人のほとんどが、揺れを感じる
眠っている人のほとんどが、目を覚ます
電灯などの吊り下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音を立てる
置物が倒れることがある
電線が大きく揺れる
自動車を運転していて、揺れに気づく人がいる
5弱 大半の人が、恐怖を感じたり、物につかまりたいと感じる 電灯などの吊り下げ物は激しく揺れ、棚にある食器類、書棚の本が落ちることがある
固定していない家具が移動することがあり、不安定なものは倒れることがある
まれに窓ガラスが割れて落ちることがある
電柱が揺れるのがわかる
道路に被害が生じることがある
5強 大半の人が、物につかまらないと歩くことが難しいなど、行動に支障を感じる 棚にある食器類や書棚の本で、落ちるものが多くなる
固定していない家具が倒れることがある
窓ガラスが割れて落ちることがある
補強されていないブロック塀が崩れることがある
据付けが不十分な自動販売機が倒れることがある
自動車の運転が困難となり、停止する車もある
6弱 立っていることが困難になる 固定していない家具の大半が移動し、倒れるものもある
ドアが開かなくなることがある
壁のタイルや窓ガラスが破損したり、落下したりすることがある
6強 立っていることができず、這わないと動くことができない
揺れに翻弄され、動くこともできず、飛ばされることもある
固定していない家具のほとんどが移動し、倒れるものが多くなる 壁のタイルや窓ガラスが破損したり、落下したりする建物が多くなる
補強されていないブロック塀のほとんどが崩れる
7 固定していない家具のほとんどが移動したり倒れたりし、飛ぶこともある 壁のタイルや窓ガラスが破損したり、落下したりする建物がさらに多くなる
補強されているブロック塀も破損するものがある

気象庁震度階級関連解説表より作成

阪神・淡路大震災時の規模と被害
  • 発生日:1995年1月17日(火)午前5時46分
  • 規模:マグニチュード7.3(一部地域では震度7を記録)
全壊 半壊
住家被害 104,906棟
(186,175世帯)
144,274等
(274,182世帯)

06年消防庁「阪神・淡路大震災について(確定法)」

阪神・淡路大震災時のライフラインの被害
  被害状況
電気 停電 約260万戸
ガス 停止 約85万7千戸
水道 断水 約127万戸

06年消防庁「阪神・淡路大震災について(確定法)」

地震による災害への備え

地震の揺れによって起こる災害にも充分注意しましょう。

火災に対する心がまえ

 突然の揺れの場合は、まず自分の身を守ることが大切です。地震の揺れはほとんどのケースで1分以内。消火活動は揺れがおさまってからでも十分に間に合うので、火の始末はあわてず確実に行いましょう。また、ご近所の消火活動も手伝いましょう。

過去の災害に学ぼう
 1995年の阪神・淡路大震災では、地震後の火災による被害も甚大でした。その中には、停電が復旧した後に、スイッチが入ったままだった電気製品から出火したと考えられる「通電火災」が多数ありました。避難する時は、ガスの元栓を締めるだけでなく、ブレーカーを切ることも忘れずに行ないましょう。
津波に対する心がまえ

 海岸付近では津波が発生する危険があります。地震が起こったら、 津波情報に注意しましょう。強い地震を感じた時や津波警報が出された時は、すみやかに決められた避難場所や高台へ避難しましょう。また、津波は河川をさかのぼるので、河川からは十分に離れましょう。

過去の災害に学ぼう
 1993年の北海道南西沖地震の時に発生した津波は、全壊家屋400棟以上という大きな被害を奥尻島に与えました。しかも最初の津波は地震発生後2、3分で島に到達、津波警報が出される前でした。警報や注意報が出ていなくても、海岸付近で強い揺れを感じた時はすばやく避難をするよう心がけましょう。
強い揺れに対する心がまえ

 家族の身を守るために、自宅の耐震性を確認し、家具の固定などをしておきましょう。外にいたら、ブロック塀や自動販売機などが倒れることがありますので、揺れを感じたらすぐに近くを離れましょう。屋外看板やビルのガラスなどが揺れで壊れて落ちてくることがあるので注意しましょう。

過去の災害に学ぼう
 阪神・淡路大震災では、犠牲になった方の8割以上が建物の倒壊や家具の転倒が原因でした。地震への備えを十分に行って、自宅を安心な場所にしましょう。
土砂災害に対する心がまえ

 地震によって土砂災害が発生する危険があります。また、大きな揺れがおさまった後の余震にも注意が必要です。がけ崩れが起こりそうな場所や川沿いの道路などには近づかないようにしましょう。

地震の防災
家族みんなでチャレンジ 防災確認テスト 今すぐチャレンジ
わが家の防災対策
チェック&トライ
  • 家族の防災6つのルール
  • 非常用品チェックリスト
  • 日頃の心がまえ
災害別の防災ノート
  • 地震の防災
  • 台風・大雨の防災
  • 豪雪の防災
  • 竜巻の防災
  • 落雷の防災
災害時に役立つHonda製品
詳しくはこちら
家族みんなのHonda防災ノートモバイル
QRコードからアクセス!

携帯電話からも、家族みんなのHonda防災ノートのコンテンツの一部を、ご覧いただけます。

家族みんなのHonda防災ノートモバイルQRコード

http://dream.honda.co.jp/bosai/