MENU
HONDA
検索

歴史

日本におけるモーターサイクルは、ビジネスから趣味まで幅広い用途で、また、雨中や暑さ・寒さなど様々な天候・気候条件で使用されています。特に、冬季と雨中におけるモーターサイクルの運転に関しては、我慢と忍耐を余儀なくされ、安全面に対するリスクも抱えているのです。このような条件下において「グリップヒーター」の存在はライダーのストレスを解消し、安心感を高めることを可能とする快適性を向上させる用品なのです。

現在、Honda車の純正用品は(株)本田技術研究所 二輪R&Dセンターで開発を行い、(株)ホンダモーターサイクルジャパンによって販売されています。しかし、1950年代には本田技研工業(株)が二輪車のニューモデルを発売すると、ほぼ同タイミングで、一般アフターパーツメーカーから様々な用品が発売されていました。その中には、今もほとんど変わらない形で生き続けているものがたくさんあります。「グリップヒーター」も、当初はそんな一般アフターパーツメーカーによって実用化されたものでした。それをHondaは、純正マークを使用して1958年頃にホンダパーツ(株)より販売していました。

今でこそ、「グリップヒーター」と聞けば電装用品と誰もが思いますが、当時の発想は、排気の熱を利用したスチーム暖房システムを基本にしたものでした。具体的には、ヒーターは銅板でできており、銅パイプに蒸気を流し、調整用コックで温度調整するシステムでした。ラジエーターと同様に水タンクがあり、実用上の信頼性には疑問があったものの、その省エネの発想は評価でき、また当時は要望も多かったのです。

1979年になると、「グリップヒーター」は取り扱いの簡易性から温度調整が容易な電気式ヒーターへと進化しました。これは電源に専用のACGを使用し、ヒーターはステンレス薄板を打ち抜いたヒーターを合成皮でサンドイッチ。スイッチは温度2段切り替えとOFFスイッチという簡単なシステムで、グリップの外に巻き付けるため効率のよいヒーターとして郵政カブ(通称MD)の純正品となっていました。このシステムは、現在でも一部地域では使用され続けています。

1989年には、グリップの中にヒーターをインサート成形したグリップ一体型のヒーターが登場しました。設計コンセプトの違いから2つのタイプが開発され、一方はオプションとして後から付けることに重点を置いた仕様であり、もう一方はメーカーオプションとして工場での装着に重点を置いた仕様でした。前者は、発熱体としてFPC(フレキシブル・ プリント・ サーキット)を使用し、インサート成形もコンプレッション+低圧インジェクションで行いました。また後者は、ステンレスヒーターをインジェクションによってインサート成形したものです。

さらに、1996年には、オプションタイプの「グリップヒーター」で、汎用性を進化させたモデルを発売。「グリップヒーター」によるバッテリーの負荷を軽減するため、電圧検出による自動ON/OFF機能と、温度の無段階調整を可能としました。また、ヒートエリアに、省エネルギータイプの“半周ヒーター”と大型モデル用の“全周ヒーター”の2種類を設定。スクーター用、ロードスポーツ用、アメリカンモデル用の3タイプも設定し、Hondaの二輪車のほとんどに適用できるようにしました。

1997年には、カブ系のビジネスプロユース対応として、より高効率の仕様に進化させ、また国内の二輪需要創出のため、他二輪車メーカーへのOEM供給も実施するようになりました。

そして、2004年より、発熱体をFPCからSUS-FFC(フレキシブル・フラットサーキット)に変更し、制御系をデジタル化することで、素早い温度上昇と、適切な温度設定を可能としています。