MENU

HONDA

検索

電気製品選びのポイント

ポイント1

消費電力・起動電力を
確認しましょう

まずはシーンや目的に合わせて、繋げたい電気製品の消費電力(W数)を確認することが大切です。

また、熱を発生させる製品や、モーターを動かす電気製品によっては、起動する時に消費電力より大きな電力を必要とする製品もあります。

それぞれの電気製品がどれ位の消費電力・起動電力を必要としているか確認をしてから、リベイドE500を使いましょう。

消費電力と起動電力の目安 

起動電力 電気製品 消費電力の目安(W) 起動電力の目安(W)
消費電力の1.0倍 LED照明(USB) 2.5 2.5
スマートフォンの充電器
(USB)
5 5
電気毛布 55 55
ノートパソコン 65 65
液晶テレビ 69 69
小型電気ポット 430 430
消費電力の1.1~2.0倍 扇風機 18 26
園芸用バリカン 80 130
小型電気サンダー 150 180
小型電気ドライバー 250 320

上記表の数値は、イメージをつかんでいただくための例と目安です。実際の電気製品の「消費電力」および「起動電力」は機器によって異なりますので、事前に各メーカーへご確認下さい。

どんな電気製品が使えるの?

最大で500Wで約35分、300Wで約1時間ぶんの電気が取り出せる、リベイドE500。
リベイドE500で使えるアイテムを選んで頂くために、多種多様な電気製品のうち、ほんの一部ですが具体例をご紹介します。

アウトドア/レジャー

  • 電球
    100W

    約3時間
  • LED照明(USB)
    2.5W

    約1週間
  • 卓上LED照明
    12W

    約10~14時間
  • 電気毛布
    55W

    約4時間
  • 電気ポット(1L)
    430W

    3L(約3回)
  • 扇風機
    18W

    約9~15時間

情報機器

  • 液晶テレビ
    69W

    約5時間
  • スマートフォン
    (USB)
    5W

    約20回充電可能
  • ノートパソコン
    65W

    約4回充電可能

防災機器

  • ラジオ
    12W

    約14時間
  • 石油
    ファンヒーター
    390W

    約2.5~4時間
  • ガス
    ファンヒーター
    27W

    約6.5~8時間
  • 周囲温度やバッテリー使用回数の増加、経年により電気製品の使用時間は変動します。
  • 消費電力、使用可能時間/回数は参考値です。
  • 接続する電気製品の消費電力は、電気製品の取扱説明書やカタログなどでご確認ください。

ポイント2

複数の製品を
同時に繋げる場合は

リベイド E500はUSB出力端子2口と交流コンセント2口合計4箇所から電気を取り出すことができます。

複数の電気製品を同時に利用する場合は、起動電力を考慮したうえで、それぞれの製品が必要とする電気量の合計が500W以内におさまっているようにしてください。

ポイント3

コードの
長さと太さに注意

電源コードは長く、細いほど電圧がさがってしまう傾向があります。
延長コードは正しく使い、利用する電気製品に適したコードを選ぶようにしましょう。

  • 屋内でも使える、
    ポータブル電源の特長をご紹介!

    E500の商品紹介はこちら E500の商品紹介はこちら
  • より長い時間、消費電力の大きい
    電気製品を使いたい方におすすめ!

    Honda発電機 Honda発電機