MENU

HONDA

検索

AUTOMATED DRIVE 自動運転

すべての人に事故ゼロと
自由な移動の喜びを

Hondaの自動運転コンセプトは
「ドライバーが心から信頼でき」
「思わず出かけたくなる」こと。
すべての人に事故ゼロと
自由な移動の喜びを
提供することを目指しています。

※開発中車両のためテストコースと、許可を得た上で公道を走行しています。

※「渋滞時自動運転」を除き、運転時はドライバーによる周囲の監視が必要です。

自動運転ビジョン

すべての人に事故ゼロと
自由な移動の喜びを提供したい

交通事故の原因の9割以上が、
ヒューマンエラーによる事故。
Hondaは、大きな悲しみを生む交通事故を、
なによりもなくしたい。

また、
高齢者や運転が得意でない人々の日々の
移動を支えたい。
誰もがいつまでも、
自由に移動できるようにしていきます。

そして、クルマの魅力をさらに高めていきたい。
移動すること自体が楽しくなる、
自由な時間の創出を目指します。

  • クルマ社会の課題解決

    事故に遭わない社会の実現
    ( ヒューマンエラーゼロ )

  • 社会課題への貢献

    誰もが いつまでも
    自由に移動できるモビリティの提供

  • 新たなクルマの魅力

    移動が楽しくなる
    自由な時間と空間の創出

Hondaの
自動運転コンセプト

ドライバーが心から信頼でき、
思わず出かけたくなる

Hondaは、ドライバーが心から信頼できる
自動運転を目指しています。
あらゆる状況下でも確実にリスクを予測し、
ドライバーはもちろん周囲の人々にも
不安を与えないよう
危険な状況を作り出さず、
危険には近づかない
技術の開発を進めています。

また、たとえ自動運転であっても、
熟練したドライバーが運転するように、
滑らかで自然な乗車感覚の実現を目指します。

そして、ドライバーが心から信頼でき、
思わず出かけたくなるような、
移動の楽しさを提供していきます。

任せられる信頼感 & 心地よい乗車フィーリング

  • 危険に近づかない、作り出さない
  • ドライバー/周囲の人 双方に不安を与えない
  • 滑らかで自然な 運転特性
  • 乗って楽しい 快適な移動

モビリティ社会の
将来ニーズ

自動運転技術による
モビリティの革新が求められている

都市部では、人口の集中により
渋滞が悪化し、駐車場も不足。
クルマでの移動が不便になっています。
一方で郊外では、施設の分散などにより
クルマは引き続き
なくてはならない存在です。
過疎化が進む地域では、
少子高齢化に伴う人口減少により、
公共交通ネットワークは縮小され、
移動が困難に。

こうした社会の変化に応え、
私たちの日常の生活や休日の移動を
魅力あふれるものにするためには、
自動運転技術によるモビリティの
革新が求められています。

  • 都市部

  • 郊外・地方

  • 地方の過疎化

開発予定

  • 2020年:高速道路での自動運転技術の実現
  • 2025年ごろ:パーソナルカーユースに向けたレベル4自動運転技術の確立

Honda Technology