MENU

HONDA

検索

1998年10月発表 2002年終了モデル
この情報は2002年現在のものです。


Z情報ページへ
地球のこれからを考えると、小さいクルマの役割がますます大切になってきます。 スモールに乗る人が、 きっともっと増えてくる。 そうした視点で新しいスモールの姿を思い描いた時、 これまでのスモールのつくり方にとらわれないクルマづくりがスタートしました。 まずスモールといえども広さで決してガマンしないクルマ。万一の際にも安心感のあるクルマ。 さらに”ムーバー”として毎日をパワフルに広げてくれる行動力を備えつつなによりも走ることそのものが、 心をときめかすクルマ。 理想をかなえるための技術をひとつひとつ線で結んでいくうち、 そこに新しいクルマの骨組み、すなわちプラットフォームが現れました。 エンジンをミッドシップ、それも床下に配置し、 しかも4WDを組み合わせた新構造。UM-4の誕生です。

ミッドシップが生む50:50の理想の前後重量配分。床下エンジン配置による低重心とあいまって、 気持ちに素直なコントロール性、安定したブレーキングを実現。4WDの性能もフルに引き出します。
走る楽しさは、操る楽しさ。50:50、理想の前後重量配分を生むミッドシップ。 自在に走る・曲がる・止まる素性のよさを得るうえで、 Zはこのミッドシップを要とし、4WDも採用。機敏な運動神経が、 優れた操縦安定性と走破性、スモールの軽快さと結びつき、 きわめてアクティブな走りの世界を創造しました。しかも、 エンジンを床下に配置し、人とメカを上下に分けることで、 超のつくユーティリティを両立するとともに、ミッドシップの特長を十分に生かし、 万一の際の衝突安全性に対する高い資質をも手に入れました。 UM-4、それは数々の新性能を一挙にかなえる、革新の構造なのです。
ビスカス・カップリング式のリアルタイム4WD。走行状況に応じて四輪すべてに駆動力をかけ、操縦安定性、制動性能を向上。 ミッドシップとともに操る楽しさを引き出す一方、4WDならではの高い走破性を発揮します。

エンジンを床下に配置することでフロント部全体がクラッシャブルゾーンとして機能。 フレームの大断面化も可能に。Zのハイレベルな衝突安全性能を支えています。
情報ページへ