MENU

HONDA

検索

2006年3月発表 2010年8月終了モデル
この情報は2010年8月現在のものです。

PARTNER
メカニズム
パートナー トップメカニズム

パートナー トップへ
優れた環境性能と実用域での力強い走り。1.5L i-DSIエンジン。
1気筒に2つのスパークプラグを持ち、運転状況に応じてそれぞれの点火時期を最適制御することで燃焼室内での全域急速燃焼を実現し、優れた低燃費とクリーン性能、高出力、全域での高トルクを両立。トルク特性は、低回転で最大トルクを発揮。2点位相差点火制御 i-DSI荷物満載時でも力強くスムーズな発進・加速が行える、扱いやすいエンジンです。
1.5L i-DSIエンジン
最高出力(ネット値) 66kW [90PS]/5,500rpm 最大トルク(ネット値) 131N・m [13.4kgf・m]/2,700rpm


ボンネットバンクラス初の5速オートマチック。
高速走行時の燃費、静粛性の向上に寄与。応答性の高い制御により、変速ショックの少ない快適な乗り心地や一層の低燃費化、さらに、ギア比の最適化で力強い加速を実現しています。
パートナーのシフト装置には■ブレーキペダルを踏まないと、セレクトレバーの[ P ](駐車)位置からのシフト操作が行えないシフトロック機構。 ■[ P ]位置にあるときのみイグニションキーを抜くことができるキー・インターロック機構。 ■[ R ](後退)位置にあることをチャイムでドライバーに知らせる後退位置警報装置が装備されています。
5速オートマチック


クラストップレベルの静粛性。
静粛性の高いエンジンや5速オートマチックの採用、剛性の高いボディ、防音・制振材の最適配置などにより、長時間走行でも快適な、きわめて静かな走りを実現しています。
※ボンネットバン同排気量クラス

■軽量システムで軽快・低燃費。 リアルタイム4WD。(4WD車)
普段はFF状態で走行、状況に応じて後輪にも駆動力を最適配分し、高い走破性を発揮。軽量デュアルポンプシステムを採用し、軽快な走り、低燃費(15.4km/ ※2)も実現しています。
※2:10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)

■燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に 応じて燃料消費率は異なります。


人を、荷物をいたわる高性能な足まわり。
しなやかで快適な乗り心地を実現するとともに、荷物満載時でも優れた走行安定性を発揮。安心感にあふれ、積荷にもやさしい走りを生みます。
サスペンション・イラスト


パートナー トップ取扱説明書アクセサリー