MENU

HONDA

検索

1998年9月発表 2001年6月終了モデル
この情報は2001年6月現在のものです。


このモデルのトップへLINE UP主要装備カラー

Honda  公式中古車検索サイト  1998.1999年HR-Vのカタログ 1998.1999年HR-Vの主要諸元


主要諸元
タイプ 3ドア 5ドア
J J4 JS4 J J4 JS4
1.6L16バルブ 1.6LVTEC 1.6L16バルブ 1.6LVTEC
HONDA LEV
車名・型式 ホンダ・GF-GH1 ホンダ・GF-GH2 ホンダ・GF-GH3 ホンダ・GF-GH4
駆動方式 FF 4WD FF 4WD
トランスミッション ホンダマルチマチックS
(無段変速機)
       
5速マニュアル            
寸法・重量・定員
全長(m)/全幅(m)/全高(m) 3.995/1.695/1.575
(ルーフレールスポイラー装着車1.675)
4.095/1.695/1.580
(ルーフレールスポイラー装着車1.675)
ホイールベース(m) 2.360 2.460
トレッド(m)前/後 1.470/1.455
最低地上高(m) 0.175
車両重量(kg) 1,110 1,130 1,160 1,190 1,190 1,180 1,200 1,240 1,260 1,270
サンルーフ装着車 1,120 1,140 1,170 1,200 1,200 1,190 1,210 1,250 1,270 1,280
ルーフレールスポイラー装着車 1,130 1,150 1,180 1,200 1,210 1,190 1,210 1,250 1,270 1,280
サンルーフ+
ルーフレールスポイラー装着車
1,140 1,160 1,190 1,210 1,220 1,200 1,220 1,260 1,280 1,290
乗車定員(名) 5
客室内寸法〔長さ/幅/高さ〕(m) 1.705/1.365/1.195
(サンルーフ装着車1.190)
1.805/1.320/1.200
エンジン
エンジン型式 D16A
エンジン種類・シリンダー数及び配置 水冷直列4気筒横置
弁機構 SOHCベルト駆動 吸気2 排気2
総排気量(cm3) 1,590
内径×行程(mm) 75.0×90.0
圧縮比 9.6
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
燃料タンク容量(L) 55
性能
最高出力(PS/rpm)* 105/6,200 125/6,700 105/6,200 125/6,700
最大トルク(kgm/rpm)* 14.1/3,400 14.7/4,900 14.1/3,400 14.7/4,900
燃料消費率(km/L) 10・15モード走行
(運輸省審査値)
14.8 14.0 14.2 13.6 13.6 14.8 14.0 14.2 13.6〔13.0※〕 13.0
60km定地走行
(運輸省届出値)
20.6 20.0 19.6 19.0 19.0 20.6 20.0 19.6 19.0 19.0
最小回転半径(m) 5.0 5.2
動力伝達・走行装置
変速比 1速 3.500 2.466〜
0.449
3.500 2.466〜0.449 3.500 2.466〜
0.449
3.500 2.466〜0.449
2速 1.956 - 1.956 - 1.956 - 1.956 -
3速 1.344 - 1.344 - 1.344 - 1.344 -
4速 1.071 - 1.071 - 1.071 - 1.071 -
5速 0.812 - 0.812 - 0.812 - 0.812 -
後退 3.000 2.466 3.000 2.466 3.000 2.466 3.000 2.466
減速比 4.562 6.880 前4.562
後2.533
前6.880
後2.533
4.562 6.880 前4.562
後2.533
前6.880
後2.533
ステアリング装置形式 ラック・ピニオン式
タイヤ(前・後) 195/70R15 92S
主ブレーキの種類・形式 油圧式ディスク(前) 油圧式リーディング・トレーリング(後)
サスペンション方式 マクファーソン式(前)
車軸式(後)
マクファーソン式(前)
ド・ディオン式(後)
マクファーソン式(前)
車軸式(後)
マクファーソン式(前)
ド・ディオン式(後)
スタビライザー形式(前・後) トーション・バー式

サンルーフ、ルーフレールスポイラー、サンルーフ+ルーフレールスポイラー装着車。*はネット値です。「ネット」とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。同じエンジンで測定した場合、「ネット」は「グロス」よりも約15%程度低い値(自工会調べ)となっています。
モード走行時における燃料消費率の表示「10・15モード」は、都市内高速走行等が加味されているため、同じ車両で測定した場合「10モード」より平均的には小型・普通乗用車で約10%程度高い値(自工会調べ)となります。
燃料消費率は、定められた試験条件でのもとでの値です。実際の走行時には、この条件(気象、道路、車両、運転、整備などの状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率が異なります。
主要諸元は道路運送車両法による型式指定申請書数値。
PGM-FI、VTEC、PROSMATEC、ホンダマルチマチックは本田技研工業株式会社の登録商標です。NAVIは登録商標です。
製造事業者:本田技研工業株式会社

 



このモデルのトップへLINE UP主要装備カラー