MENU

HONDA

検索
  • ディスチャージヘッドライト(HID)
  • VSA(車両挙動安定化制御システム)
  • モーションアダプティブEPS
  • 衝突安全設計ボディ
  • エアバッグシステム
  • ELRシートベルト
  • リアシート3点式シートベルト
  • 頚部衝撃緩和シート
  • ISOFIXチャイルドシート ロアアンカレッジ

事故を未然に防ぐためにACTIVE SAFETY

ディスチャージヘッドライト<HID>

大光量で、夜道も雨の日も遠くまで見やすく。

ディスチャージヘッドライト<HID>
(ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付)

大光量ながら、省電力にも貢献。より遠くまで明るく照らせるので、夜道や雨の日の安心感を高めます。照射軸の上下を自動で調整するオートレベリング機構と、周囲の明るさにあわせて自動で点灯・消灯をするオートライトコントロール機構も装備しています。

VSA(車両挙動安定化制御システム) VSA作動イメージ図

クルマの急激な挙動変化を、効果的に防ぐ。

VSA(車両挙動安定化制御システム)

ブレーキをかけた時の車輪ロックを防ぐABS、加速時などの車輪空転を抑えるTCS、旋回時の横すべり抑制。これら3つの機能をトータルにコントロールすることで車両の急激な挙動変化を抑え、運転にゆとりを与えます。

ABS:4輪アンチロックブレーキシステム
TCS:トラクションコントロールシステム
VSA=Vehicle Stability Assist

モーションアダプティブEPS

適切なハンドル操作を、クルマがアシスト。

モーションアダプティブEPS

すべりやすい路面のカーブなどでクルマの姿勢が乱れはじめた時に、姿勢の立て直しをサポートするシステムです。切るべき方向のハンドルを軽く、逆方向は重くすることによって、正しいハンドル操作をサポート。VSAとの協調によって、運転にいっそうの安心を生み出します。

ページトップへ

万一の際に、人を守るためにPASSIVE SAFETY

衝突安全設計ボディ 高剛性ボディ構造

自らはもちろん、相手車両や歩行者の安全まで
視野に入れた。

衝突安全設計ボディ

衝突時の衝撃(G)をコントロールするHonda独自の衝突安全技術「G-CON」をさらに進化させ、自らはもちろん、相手車両や歩行者の安全性にも配慮。車両同士の衝突ダメージを分散・吸収する「コンパティビリティ対応ボディ」とともに歩行者のダメージをやわらげる構造の「歩行者傷害軽減ボディ」を採用しています。

エアバッグシステム 写真は機能説明のため、エアバッグを展開した状態を合成したものです。

100%の信頼性を目指して開発。

エアバッグシステム

「安全を支えるシステムで誤作動は許されない」という信念を持ち、信頼性を徹底追求し、国産車初のエアバッグの実用化に取り組んだHonda。
CR-Vでは、運転席にさまざまな体格の方や衝突状況にあわせて、膨らみを制御する連続容量変化タイプのi-SRSエアバッグを採用。また、側面衝突時を想定したエアバッグを、全タイプに標準装備しています。

・運転席用 i-SRSエアバッグシステム〈連続容量変化タイプ〉
・助手席用SRSエアバッグシステム
・前席用 i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム

ロードリミッター付プリテンショナーELRシートベルト シートベルト作動イメージ図

衝突時、速やかに身体を拘束。
その後、胸などへの過剰な負担も軽減。

ロードリミッター付プリテンショナーELRシートベルト

フロントおよびリアシート左右のシートベルトは、前方向からの強い衝撃を感知すると、瞬時に巻き取り、乗員を素早くシートに固定します。その後、一定以上の荷重がかかると、シートベルトを少し送り出すことで、胸などへの負担を軽減します。

リアシート3点式ELRシートベルト

リアシートの3席すべてに、標準搭載。

リアシート3点式ELRシートベルト

クルマが一定の衝撃を感じると、自動でシートベルトの繰り出しを止め、固定する3点式ELRシートベルトを、リアシートの3席すべてに装備しています。

頚部衝撃緩和シート 作動イメージ

衝撃吸収構造で、頭部や首のダメージを低減。

頚部衝撃緩和シート

万一の際、乗員の頭部への衝撃を緩和するよう室内のルーフサイドなどを衝撃吸収構造に。また、低速で後方から追突された際に、首へのダメージを軽減する頚部衝撃緩和シート(前後調節機構付ヘッドレスト付)を運転席と助手席に採用しました。

ISOFIXチャイルドシートロアアンカレッジ 写真は汎用型ISOFIXチャイルドシート(トップテザータイプ)を装着したものです。チャイルドシートはディーラーオプションです。

チャイルドシートを簡単・確実に固定。

ISOFIXチャイルドシートロアアンカレッジ

万一の際、チャイルドシートの前方への移動を効果的に抑制するために。汎用型ISOFIXチャイルドシートを簡単、確実にセッティングできる固定金具を、リアシート左右席に標準装備しています。

  • ISOFIXとは、誤使用防止、車両適合性の向上、取り付け方法の国際的な統一を目的とした、ISO(国際標準化機構)規格のチャイルドシート固定方式です。
  • 必ず適合するチャイルドシートをお選びください。

■各技術の能力には限界があります。つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。ご使用の前に、必ず取扱説明書をお読みください。■ABSは滑りやすい状況での制動時に車輪ロックを防止。EBDはブレーキング時の前輪と後輪の制動力配分をコンピューターがコントロールし、制動ポテンシャルをフルに引き出します。EBD付ABSは、あくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。VSAはあくまでもドライバーのブレーキ操作やアクセル操作、およびステアリング操作を補助するシステムです。したがって、EBD付ABSやVSAがない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、ムリな運転までは制御できません。安全運転をお願いします。■運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用SRSエアバッグシステムは、横方向や後方向からの衝撃には作動しません。前方向からの、設定値以上の衝撃を感知したときのみ作動します。■SRSエアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムです。くれぐれもシートベルトの正しい着用をお願いします。■前席用i-サイドエアバッグシステムおよびサイドカーテンエアバッグシステムは、実際の衝突時には衝突側のみ展開します(i-サイドエアバッグシステムは、助手席側では助手席乗員の着座姿勢などを検知し、エアバッグによる重大な傷害の可能性があると判断した場合、展開を停止することがあります)。i-サイドエアバッグシステムおよびサイドカーテンエアバッグシステム装備車は、システムを正しく機能させるための注意事項があります。


■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備一覧」「主要諸元」をご覧ください。

ページトップへ