MENU
HONDA
検索

2020年4月23日(木)

グエリエリがWTCRのeSportsシリーズ第2戦で表彰台を逃すもHonda CIVIC TCRが勝利を飾る

グエリエリがWTCRのeSportsシリーズ第2戦で表彰台を逃すもHonda CIVIC TCRが勝利を飾る

スロバキアリンクに見立てたサーキットを舞台に行われたFIAワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)のeSportsシリーズ第2戦で、Hondaのエステバン・グエリエリがレーシングゲームのプロを相手に快走をみせましたが、惜しくも表彰台を逃しました。

2019年のWTCRシリーズで年間2位を獲得したグエリエリは、eSportsシリーズ第2戦のレース1を9位でフィニッシュし、25分間のレース2をフロントローからスタートします。レース序盤で一時ライバルのリードを許し4番手に後退しますが、ターン8のヘアピンで1台をかわし、残り10分の時点で3番手につけます。その後、後続のマシンに接触されて上位2台との差が広がりますが、3番手のポジションを守り、残り2周に突入。しかし残りの周回で他車に接触され、グラベルに押し出された間にライバルの先行を許し、11位でフィニッシュとなりました。

レース2を制したのはHonda CIVIC TCRを駆ったレーシングゲームプレーヤーのベンス・バンキでした。グエリエリにとっては残念な結果となりましたが、実際のWTCRドライバーとしては両レースでトップとなり、12ポイントを獲得しました。

レース1では、グエリエリがWTCRドライバーを1人オーバーテイクすると、その後の周回では1周で3人のレーシングゲームのプロを抜き去り、15番手スタートから6つポジションを上げてフィニッシュしました。

昨シーズン、グエリエリのチームメートだったネストール・ジロラミは、予選でWTCRドライバーの中で4番目に速いタイムを出すなど、スピードをみせます。レース1では序盤にポジションを上げましたが、その後に後退。レース2では復調し、22位でフィニッシュしました。

ティアゴ・モンテイロは技術的なトラブルによってフリー走行と予選で遅れを取りましたが、レース1を23位でフィニッシュし、eSportsシリーズへの順応の成果をみせました。レース2では好スタートを切り、オープニングラップでWTCRドライバーの中団に位置しましたが、他車から接触されたことで幕切れとなりました。

アッティラ・タッシは、レース1が始まった瞬間にコンピューターがフリーズしてサーバーとの接続が切れ、レースをすることができませんでした。

コメント

エステバン・グエリエリ
「たくさん練習を重ね、ドライビングだけではなく、戦術やタイヤ選択、レースペース、オーバーテイクのポイントなど、多くのことを学びました。レースは集中力が必要で簡単ではないですが、気に入っています。レース1ではチャンスを狙い、後半でトップ10以内にポジションを上げました。そのお陰で、レース2は前方からのスタートになりました。レース2もいいペースで走れました。目標はトップ集団についていくことでしたが、他車に接触されて叶いませんでした。表彰台獲得が目前でしたが、さらに大きく接触されてコースから押し出されてしまいました。しかし、楽しいレースでしたし、いいトレーニングになりました。肉体的には消耗しませんが、集中力が必要でストレスを感じる点は実際のレースと同じです」

ネストール・ジロラミ
「レース前に接続トラブルがありましたが、無事に繋がってレースができたので満足しています。予選ではエステバン(グエリエリ)から0.2秒遅れでした。両レースでレーシングゲームのプロと競うことができて、とてもエキサイティングでした。レース1では左のフロントタイヤの温度が上がりすぎて、最終的にポジションを下げてしまいました。レース2ではアグレッシブに攻めることができ、22位でフィニッシュしました。前戦からさらに成長できましたし、もっといいレースができると思います。CIVIC TCRが優勝し、Hondaにとってもいいレースになりました」

ティアゴ・モンテイロ
「スロバキアリンクは優勝経験があるサーキットですが、それほど得意な場所ではありません。バーチャル空間でもそれは一緒でした。30番手で予選を終えて、レース1を23位でフィニッシュしました。レースの中では多くの周回を走ることができるので、そこでドライビングを向上させることができました。レース2では23番手スタートからポジションアップを狙いましたが、他車に接触されてレースを続けられませんでした。実際のレースではやらないようなリスクのあるプレーをする選手がいるのはフラストレーションが溜まります。ファンのみんなにはレースを楽しんでもらえたと思います」

アッティラ・タッシ
「今回もあまり練習ができませんでした。練習を始められたのは予選の15分前です。そのような状況でしたが、予選では精一杯走りました。レース1がスタートし、2周を走ったところでコンピューターがフリーズしてしまいました。再び参加しようとしましたが、運営からレース中の再参加は禁止だと言われました。次戦に向けて計画を練り直し、十分な練習時間を確保する必要があります」

フォトギャラリー

モータースポーツ >  FIA ワールド・ツーリングカー・カップ >  グエリエリがWTCRのeSportsシリーズ第2戦で表彰台を逃すもHonda CIVIC TCRが勝利を飾る

ニュース