MENU
HONDA
検索

2020年3月6日(金)

ALL-INKL.COM Münnich Motorsportが4台体制でWTCRに臨む

ALL-INKL.COM Münnich Motorsportが4台体制でWTCRに臨む

・ドイツのレースチームが2つ目のチームとしてALL-INKL.DE Münnich Motorsportを立ち上げ
・各ドライバーがどちらのチームを担当するかはシーズン開幕までに発表
・チーム監督ドミニク・グレイナー「WTCRは最高のレース。我々の目標は優勝」

ALL-INKL.COM Münnich Motorsport は2020年シーズンのFIA ワールド・ツーリングカー・カップで体制を拡充し、2チーム体制で臨みます。ALL-INKL.COM Münnich Motorsportが昨シーズンと同様に2台体制で参戦する一方、ALL-INKL.DE Münnich Motorsportが別チームとして2台のマシンを送り込みます。両チームはともにHonda CIVIC TCRを使用。エステバン・グエリエリ、ティアゴ・モンテイロ、ネストール・ジロラミ、アッティラ・タッシの各ドライバーがそれぞれどちらのチームを担当するかは、シーズン開幕までに発表されます。

コメント

ドミニク・グレイナー|ALL-INKL.COM Münnich Motorsportチーム監督
エステバン・グエリエリ 「仕事は格段に増えますが、チャレンジすることを選びました。レースの現場にも、チームの拠点があるドイツにも、優れたスタッフが揃っています。我々はWTCRで複数のマシンを走らせてきた経験があり、オペレーションには自信があります。2チームはデータや情報を共有し協力し合いますが、レースではどちらのチームも勝ちを狙います。WTCRは最高のレースプラットフォームだと思っていますし、我々とパートナーに多くの物をもたらしてくれると信じています。我々の目標は優勝です。昨シーズンは惜しくもタイトルを逃しました。今シーズンは気持ちを切り替え、さらに高いモチベーションで臨んでいます。今月行うテストに向けて、メカニックが全力で準備を進めています。シーズン開幕時には完璧な状態になっているでしょう」

フォトギャラリー

モータースポーツ >  FIA ワールド・ツーリングカー・カップ >  ALL-INKL.COM Münnich Motorsportが4台体制でWTCRに臨む

ニュース