MENU
HONDA
検索
モータースポーツ > 世界ツーリングカー選手権 > 道上龍選手が初ドライブ! バルセロナテスト レポート&インタビュー
道上龍選手が初ドライブ! バルセロナテスト・レポート&インタビュー

道上龍選手が初ドライブ! バルセロナテスト レポート&インタビュー

7月11日(月)〜12日(金)、スペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットで、世界ツーリングカー選手権(以下、WTCC)に参戦中の「カストロール・ワールド・ツーリングカー・チーム(Castrol Honda World Touring Car Team)」がテスト走行を行いました。テストは、シーズン後半から来年に向けたデータ収集とセッティングが主な内容でしたが、Honda Racing Team JASからの日本ラウンドへのスポット参戦が発表された道上龍選手も、このテストに参加。初めてWTCCマシンをドライブしました。

道上龍

道上選手がドライブしたのは、今シーズンの第6戦ロシア大会まで、ノルベルト・ミケリス選手がレースに使用していた車両です。急きょ決まった道上選手のテスト参加に、チームは予定になかったテスト車両を時間のない中で準備し、道上選手の初走行をサポートしました。道上選手は3年ぶりというレーシングマシンでの本格的な走行の上、初めてのコース、初めてのマシンに当初不安を口にしていましたが、走り出すと次第に感触を取り戻し、ワークスのレギュラードライバーに大きく遅れることのないタイムをマーク。2日間のテストで、十分とは言えないまでも、初めてのWTCCマシンの感触を確かめることができました。

道上選手が参戦するWTCC日本ラウンドは、栃木県ツインリンクもてぎを舞台に、9月3日(土)に予選、4日(日)に決勝レースが行われます。

道上龍

INTERVIEW

―WTCC参戦が決まった今のお気持ちは?

「お話をいただいたのは2週間前(6月末)のことで、ありがたいですが、正直不安がありました。3年前に現役のドライバーを降りてた僕が、しかも初めて乗るWTCCマシンでレースができるのか、自分のレーシングスキルがどこにあるのか、といった部分にですね。僕としては、正式に引退したわけではありませんでしたが、ブランクは大きいと思いました。皆さんに迷惑をかけるんじゃないかとも思いましたし。でも、WTCCというカテゴリーには前から興味があったし、乗ってみたいと思っていたので、参戦を決めました」

―その状況でのテスト参加、初めてのWTCCマシンはいかがでしたか?

「これまで、JTCC(全日本ツーリングカー選手権)やスーパー耐久、シビックのワンメイクレースなどに出させていただき、FFはいろいろと経験してきましたけど、WTCCのマシンはどれとも異なる印象です。パワーやグリップレベルは、これまで乗っていたマシンに比べて高くはないですが、マシン自体はすごくしっかりしていて、乗っていて楽しいイメージです。僕自身、まだちゃんと乗りこなせていない、走らせ方を理解できていない部分はありますが、レギュラードライバーの方のデータなども参考にして、足りない部分を補っていくつもりです」

道上龍

堀内大資Civic WTCC開発プロジェクトリーダー(左)、道上龍(右)

―WTCCのレースについての印象は?

「テストは単独で走るだけですが、テレビで見るレースはすごいバトルで、もう格闘技ですね。国内のレースとは接触などのジャッジが全く異なるので、その辺りの見極めが難しいと思います。どこまでがOKで、どこからが駄目なのか、ですね。守りに入っては駄目で、とにかく攻める姿勢で戦わないと。また、3年間のブランクでレース慣れの部分での不安もあります」

―もてぎでのレースに向けては?

「もてぎは走り慣れたサーキットですから、初めて走ったここ(バルセロナ)とは違って、十分にイメージできます。ただ、もてぎはストップ&ゴーのコースなので、ブレーキングが厳しいのとFFの走らせ方が難しい。FF特有のリアの軽さというか、コーナリング時にリアが持ち上がったときの接地感というか、いかにリアを安定させて、かつうまく曲げていくかがポイントだと思います。今回のテストは、久しぶりのレーシングマシンでの走行でしたし、シートがちゃんと合っていなかったりして、万全とはいきませんでした。でも、もてぎに向けて準備をしっかりして、Hondaやファンの皆さんの期待に応えられるようがんばります。僕自身、引退したわけではないですが、今回の参戦が僕の中での一つの区切りというか、ターニングポイントになるように感じているので、いい結果を残せるように全力で戦います」

道上龍選手がツインリンクもてぎで開催されるFIA世界ツーリングカー選手権日本ラウンドにスポット参戦

世界ツーリングカー選手権 トップへもどる