MENU

HONDA

検索

Round14ベルギーベルギー

MXGP

2019年8月4日(日)・決勝

ロンメル

第14戦 ベルギー

ガイザーが両レース2位ながら総合優勝

モトクロス世界選手権第14戦が、ベルギーのロンメルで開催されました。オランダとの国境に近いこの地域にはサンドコースが多数ありますが、ロンメルはその中で最も難易度が高いことで知られています。このところグランプリのレースカレンダーでは、ハードパックのロケトとディープサンドのロンメルが連戦となる日程が定着しています。

Team HRCのティム・ガイザーは、前のレースが行われたチェコからベルギーに直行して、サンドコースで練習とテストを行いました。チームメートのブライアン・ボジャーズとMX2クラスを戦うカルバン・ファランデレン(Team HRC)は、オランダを拠点としていたこともあってディープサンドを得意としていますが、ガイザーにとっては課題だったコースでした。

現地では金曜に降雨がありましたが、水はけのよさと併催レースなどによって、路面はギャップとわだちだらけとなり、クラッシュが多発する状況でした。

MXGPのレース1では、ガイザーがスタート3番手からトップに立ちました。2周目にはロマン・フェーヴル(ヤマハ)に先行を許しましたが、ガイザーはグレン・コルデンホフ(KTM)を従えて2番手をキープしました。トップスリーはほぼ2秒差の等間隔で周回を重ねたものの、終盤になるとフェーヴルが引き離す展開に。しかし、順位は変わらず、ガイザーは2位となりました。ボジャーズはスタートの出遅れと転倒により、後方から追い上げたものの、レース1は15位にとどまりました。

レース2では、ゲートチョイスをアウト寄りに変更したガイザーが、見事ホールショットを獲得。しかし、4周目にはマックス・アンスティ(KTM)に先行され、中盤には9秒ほどのリードを許します。20分すぎの11周目に、ガイザーはアンスティの転倒によりトップに返り咲きますが、ラスト3周でアンスティに再び逆転を許し2位でフィニッシュ。ガイザーは両レース2位ながら、合計ポイントの差で総合優勝をゲットしました。ボジャーズは、スタート12番手から9位でゴール。総合13位でレースを終えました。

 

コメント

ティム・ガイザー(MXGP 2位/2位 総合優勝)
ティム・ガイザー 「ロンメルで2-2フィニッシュをそろえ、初めて総合優勝できたので、すばらしい週末になりました。以前は苦手なコースでしたが、今年はチームと一緒にサンドライディングの向上に取り組んできたので、それが報われて非常にいい走りができました。こういう荒れた状況を想定した準備によって、今シーズンこれまでがそうであったように、2回とも好スタートを切ることができました。レースで1位を取ることはできませんでしたが、それでもスムーズに走ってミスを最小限に抑えることができました。とにかくロンメルで勝てたことがうれしくてなりません。なぜなら真の実力が問われる特別なロンメルで、ライダーとして成長できた自分を見せられたからです」

ブライアン・ボジャーズ(MXGP 15位/9位 総合13位)
ブライアン・ボジャーズ 「非常に深いサンドでしたが、こういうコンディションは好みなので感触もよく乗れていました。レース中の走りも好調だったのですが、ただスタートで出遅れてしまったのが残念でした。ほぼ最後尾から追い上げて12番手という局面で転倒し、再び20番手以下に後退してしまいました。結果的に15位までばん回できたことは悪くありませんでしたが、好スタートを決めてトップライダーたちとバトルがしたかったです。このコースだったらそれができたはずなので…。レース2も同じような展開で、スタート19番手あたりから9位まで追い上げました。15位/9位は悪くありませんが、もっと上位に行きたかったので、ひとまず今回のことは忘れて次戦のイモラに集中するつもりです」

リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1461R.フェーヴル ヤマハ1634'40.884
2243ティム・ガイザーHonda16+06.614
3259G.コルデンホフKTM16+08.995
491J.シーワーヤマハ16+12.274
54A.トヌスヤマハ16+16.324
689ジェレミー・ファン・フォルベークHonda16+22.584
15189ブライアン・ボジャーズHonda16+1'32.479
2423メノ・オーセムスHonda14+2Laps

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
199M.アンスティKTM1634'30.638
2243ティム・ガイザーHonda16+05.121
3259G.コルデンホフKTM16+11.472
4461R.フェーヴル ヤマハ16+22.903
591J.シーワーヤマハ16+33.947
627A.ヤシコニスハスクバーナ16+38.513
789ジェレミー・ファン・フォルベークHonda16+56.461
9189ブライアン・ボジャーズHonda16+1'21.223
2423メノ・オーセムスHonda14+2Laps

ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1243ティム・ガイザーHonda626
291J.シーワーヤマハ439
321G.ポーリンヤマハ402
44A.トヌスヤマハ396
5222A.カイローリKTM358
627A.ヤシコニスハスクバーナ355
989ジェレミー・ファン・フォルベークHonda329
15189ブライアン・ボジャーズHonda183
30151ハリー・クラスHonda19
3513バレンティン・ギロド Honda14
47179ホアキン・ポリHonda3
51220ヘトロ・サラサールHonda1

マニュファクチャラー

順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1Honda635
2ヤマハ578
3KTM572
4ハスクバーナ422
5カワサキ301

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース