MENU

HONDA

検索

Round09イギリスイギリス

MXGP 決勝

2018年6月3日(日)

マターリー・ベイシン

ガイザーがレース1で3位表彰台に登壇

モトクロス世界選手権第9戦が、イギリスのマターリー・ベイシンで開催されました。ロンドンから車で1時間半ほどのウインチェスターに位置するこの会場は、昨年はモトクロス・オブ・ネイションズの開催地となったため、グランプリを迎えるのは2年ぶりになります。牧草地の自然な起伏に人工的なビッグジャンプが配置したコースは、多くのライダーに好まれています。

マターリー・ベイシンは、ティム・ガイザー(Team HRC)が好印象を持っているコースでもあり、2016年のイギリスGPではパーフェクト(優勝/優勝)で勝った実績があります。今シーズンは負傷により開幕戦を欠場したガイザーですが、第8戦ドイツGPにおける総合2位(2位/2位)入賞に続き、ポディウムに手応えを感じて臨むイギリスGPとなりました。

レース1では、好スタートを切ったガイザーがオープニングラップ中に2番手まで上がりましたが、3番手に後退してからはアントニオ・カイローリ(KTM)、ジェフリー・ハーリングス(KTM)を追走。堅実なペースを保った結果、3位でチェッカーフラッグを受けました。

レース2では、2コーナーの出口でバランスを崩したため、ガイザーは5番手からのポジションアップを図りました。6周目には4番手に浮上し、ロマン・フェーヴル(ヤマハ)と接戦を演じました。終盤になってクレモン・デサール(カワサキ)の先行を許し、5位でフィニッシュしたガイザー。この結果オーバーオールでは、表彰台を逃しますが、3位フェーブル、4位デサール、5位ガイザーは同点でした。

コメント

ティム・ガイザー(MXGP 3位/5位 総合5位)ティム・ガイザー
「レース1はとてもうまく行きました。リザルトにも満足しています。たっぷり20分間、ハーリングスやカイローリに付いて行けたし、自分なりにいいペースで走れました。レース2でも好スタートを切ることができたのですが、1コーナーがかなりの撒水で滑りやすくなっていて、転倒しそうになったので、ずいぶんポジションを失いました。そこから何台か抜いてフェーヴルに追い付いてからは、いくらトライしても彼を攻略できませんでした。かなり激しく攻めたこともあって、その後は疲れてしまったので、ラスト3周は残っていた力を振り絞りながらペースを保つことに集中しました。始めよければ終わりよしとは行かず、とてもがっかりですが、来週のフランスGPではもっとがんばります」

MXGP リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
184J.ハーリングスKTM1435'58.965
2222A.カイローリKTM14+10.188
3243ティム・ガイザーHonda14+14.527
425C.デサールカワサキ14+32.384
5461R.フェーヴル ヤマハ14+47.533
6259G.コルデンホフKTM14+50.591
1527アルミナス・ヤシコニスHonda14+1'22.278
3183ネイサン・レンケンズHonda13+1Lap
33152ピーター・ペトロフHonda12+2Laps

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
184J.ハーリングスKTM1435'26.698
2222A.カイローリKTM14 +1.150
3461R.フェーヴル ヤマハ14+40.145
425C.デサールカワサキ14+42.049
5243ティム・ガイザーHonda14+54.266
6259G.コルデンホフKTM14+58.266
18152ピーター・ペトロフHonda14+2'02.111
2483ネイサン・レンケンズHonda13+1Lap
2727アルミナス・ヤシコニスHonda7+7Laps

MXGP ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
184J.ハーリングスKTM436
2222A.カイローリKTM382
325C.デサールカワサキ314
4461R.フェーヴル ヤマハ291
521G.ポーリンハスクバーナ267
6243ティム・ガイザーHonda257
1527アルミナス・ヤシコニスHonda111
23152ピーター・ペトロフHonda35
3028ヘトロ・サラサールHonda5

マニュファクチャラー

順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1KTM447
2カワサキ325
3ヤマハ314
4ハスクバーナ283
5Honda272
6TM160
7スズキ139

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース