MENU
HONDA
検索

Round07ラトビアラトビア

MX2 決勝

2018年5月13日(日)

Kegums

ファランデレンがオーバーオール6位を連取

MX2クラスでは、カルバン・ファランデレン(Team HRC)がCRF250RWを駆り、ポディウム登壇を目指しました。今年のケグムスはコースが逆回りに設定されましたが、昨年のラトビアGPで総合3位の実績があるファランデレンには、同等以上の結果を残す自信がありました。

レース1では、出遅れてスタート20番手だったファランデレンですが、猛然と追い上げて7周目には10番手までポジションをばん回しました。後半に差しかかると、前後が比較的密な集団の中で9位に進出。ファランデレンは、シングルフィニッシュを果たしました。

レース2では、ファランデレンが好スタートを決め、7番手で1周目を消化しました。5周目には5番手にポジションアップしましたが、中盤に差しかかるとデイビー・ポーチェス(KTM)、パウルス・ジョナス(KTM)にかわされ、再び7番手に定着します。激しいバトルが展開されたセカンドグループでしたが、終盤になるとファランデレンは単独走行になり、7位でチェッカーを受けました。

この結果、ファランデレンは2戦連続で総合6位を獲得。MX2クラスのランキングでは、6位を維持しています。

コメント

カルバン・ファランデレン(MX2 9位/7位 総合6位)
「今日のまとめとしては、あまり満足していないことは確かです。実際のところ、土日を通してライディングはとてもよかったのですが、レースになると最初の10分間はよかったのに、その後はペースを保つ力がなくなってしまったようでした。この成績に納得しているわけではありませんが、長いシーズンにはまだ先があります。もう一度しっかり準備をして、次のドイツGPで好結果を残したいと思います」

MX2 リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
119T.オルセンハスクバーナ1734'09.629
21P.ジョナスKTM17+11.055
364T.コビントンハスクバーナ17+19.745
4193 J.ギーツヤマハ17+30.988
5919B.ワトソンヤマハ17+32.466
629

H.ヤコービ

ハスクバーナ17+51.207
910カルバン・ファランデレンHonda17+57.004
11747ミケーレ・セルベリンHonda17+1'00.659
1334ミカボーイ・デワールHonda17+1'17.504
2456マーシャル・ウェルトンHonda16+1Lap
2996ハンター・ローレンスHonda2+15Laps

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
161J.プラドKTM1734'24.759
219T.オルセンハスクバーナ17+02.681
3193 J.ギーツヤマハ17+04.511
4919B.ワトソンヤマハ17+09.717
51P.ジョナスKTM17+26.958
646D.ポーチェスKTM17+36.606
710カルバン・ファランデレンHonda17+47.007
8747ミケーレ・セルベリンHonda17+56.954
1134ミカボーイ・デワールHonda17+1'11.944
2456マーシャル・ウェルトンHonda7+10Laps

MX2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
11P.ジョナスKTM304
261J.プラドKTM282
319T.オルセンハスクバーナ266
4919B.ワトソンヤマハ210
514J.ビートンカワサキ174
610カルバン・ファランデレンHonda156
13747ミケーレ・セルベリンHonda110
1596ハンター・ローレンスHonda99
2098バス・バッセンHonda56
2434ミカボーイ・デワールHonda21
30872マシス・ボワラメHonda7
3556マーシャル・ウェルトンHonda3

マニュファクチャラー

順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1KTM344
2ハスクバーナ288
3ヤマハ232
4Honda218
5カワサキ204
6TM87

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース