MENU
HONDA
検索

#35 カル・クラッチロー イギリスCal Crutchlow

クラス : MotoGP
チーム : LCR Honda CASTROL
マシン : RC213V
生年月日 : 1985年10月29日
出身地 : イギリス
身長・体重 : 170cm・70kg

カル・クラッチロー

カル・クラッチロー

1996年からバイクレースに関心を向けてから、わずか3年後の1999年のUKジュニアチャレンジでチャンピオンを獲得。レースキャリアを華々しくスタートさせました。

その後はイギリス国内のレースで腕を磨き、2009年にはスーパースポーツ世界選手権でデビューイヤーにしてチャンピオンに。翌年はスーパーバイク世界選手権に活躍の舞台を移し、ポイントランキング5位となりました。

そして11年にMotoGPデビューを果たすと、ルーキーイヤーにランキング12位、12年に7位、13年に5位となり評価を高めていきました。

14年をランキング13位で終えたクラッチローは、15年からはHondaマシンに乗り換え、ランキング8位となりました。飛躍を胸に挑んだ16年は、開幕当初こそ振るわなかったものの、第11戦チェコGPで、35年ぶりとなる英国人ライダーによる勝利を挙げると、第16戦オーストラリアGPで2勝目を挙げ、確かな速さをみせました。17年は、第2戦アルゼンチンGPで大荒れのレースを制し、3位表彰台を獲得するなど随所で輝きを示し、総合9位でシーズンを終えました。

18年は、日本人ライダーとして4年ぶりのMotoGPクラス参戦となる中上貴晶とともに、LCR Hondaから参戦。アルゼンチンGPを2年連続で制覇し、日本GPで2位になるなどの活躍をみせました。シーズン終盤のケガによる3戦欠場が響き、惜しくもインデペンデントチームのライダー部門のタイトル獲得を逃しました。19年は3度の表彰台獲得で、総合9位となりました。

MotoGPクラスで10年目を迎える20年シーズンは、18年アルゼンチンGP以来の優勝をはじめ、表彰台獲得に期待が集まるライダーの一人です。

主な戦績

2019 世界選手権 MotoGP 9位
2018 世界選手権 MotoGP 7位
2017 世界選手権 MotoGP 9位
2016 世界選手権 MotoGP 7位
2015 世界選手権 MotoGP 8位
2014 世界選手権 MotoGP 13位
2013 世界選手権 MotoGP 5位
2012 世界選手権 MotoGP 7位
2011 世界選手権 MotoGP 12位
2010 スーパーバイク世界選手権 5位
2009 スーパースポーツ世界選手権 チャンピオン

ニュース